18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
665 店舗 | 43,608

池袋のソープ

東京の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗7
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗7

投稿!みんなの体験談

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

池袋

ジャンル一発検索

池袋

プレイ一発検索

池袋

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

池袋のソープの検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

7件中17件の風俗店を表示

7件中17件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 東京の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

池袋の業種から風俗を探す

池袋のジャンルから風俗を探す

池袋のプレイから風俗を探す


池袋ソープの特徴

 東京のソープランド街といえば真っ先に「吉原」を思い浮かべるのは当然ですが、実は吉原に次いでソープの軒数が多いエリアが「最強の風俗街」と呼ばれる池袋です。都内で2番目のソープ街が池袋と聞くと意外な印象を受けますが、あらゆるジャンルの風俗店が軒を連ねる激戦区として知られる池袋は、ソープ業種に関しても例外なく魅力的なお店が多くそろっており、その軒数は新宿歌舞伎町をもしのぎます。
 JR各線、西武線、東武線、東京メトロ各線、都営地下鉄各線が乗り入れる巨大ターミナル駅を擁する池袋周辺には、多くの繁華街やビジネス街もあり、平日休日を問わず非常に多くの人が行き交う街として知られています。なかでも、ホテヘルの受付所やラブホテル、店舗型ヘルス、サロンやキャバクラ、おっパブ等、いろんな業種のお店が数多く密集する駅西口&北口周辺に、池袋のソープランドも集まっています。また、池袋駅東口から出て線路側付近の区画でも、現在2軒のソープランドが営業しています。
 そんな池袋ソープの特徴は、比較的リーズナブルなお店が多いこともあり、ソープ初心者でも気軽に足を運びやすいという点が挙げられます。吉原のソープランドと聞くと、どうしても敷居の高さを感じてしまうような人でも、ヘルスやホテヘル感覚で利用しやすいカジュアル感が魅力です。また、首都圏エリアで有名な人気グループ店や、特定のジャンルにこだわったお店、さらには地元ファンに長年親しまれ続けている老舗など、多種多彩なラインナップのソープがそろっているのも特徴です。

進化する池袋ソープ

 再開発が進む中、若者文化と古き良き文化が見事にマッチし、多種多様な顔を見せてくれる街・池袋では、ソープランドのイメージも日々変化しています。ひと昔前、性感&イメクラ が全盛期だった時代の池袋ソープといえば、かなり年齢層が高い泡姫ばかりが出てくるマニアックな風俗という印象が強くありました。しかし時代が変わり、都内で店舗型風俗の希少性と魅力が再認識され始めると、全国チェーン展開する大手グループの進出に伴って、池袋ソープの進化と若返り化が加速しました。かつてあった、激安ソープ=地雷という印象を根底から覆し、若くて可愛い素人娘と低料金で遊べる「ファッションソープ」という新ジャンルが確立されたことによって、池袋ソープのブランド力は一気に高まりました。また、池袋で遊ぶ層と時代のニーズに合わせて料金相場も変化しており、かつては池袋にも高級ソープもあったのですが、現在ではほとんどのお店が総額1~2万円台で遊べる格安ソープとなっています。さらに最近では、総額1万円という価格破壊のソープランドも登場しており、池袋風俗ユーザーからの注目度が高まっています。
 また、風俗の総合デパートとも形容できてしまうほど、多彩なお店がある池袋の特徴は、ソープという1ジャンルからも見ることができます。老舗の名店を始め、20代専門店、素人専門店、コスプレソープ、エステソープ、人妻ソープなど、各店それぞれが特色のあるコンセプトを掲げているため、ソープ全軒の数こそは少ないものの、あらゆる楽しみ方ができる泡街として池袋はオススメのエリアです。

池袋西口のソープ街

 池袋駅西口出て右手に進むか、池袋駅北口を出て左手に進むと、すぐにソープをはじめとした多くの風俗店が集まる池袋のメインエリア「西一番街」にたどり着きます。中心部は飲食店が多く、1日中多くの人が途絶えることのないこの通りは、ソープやヘルスといった都内では数少ない店舗型風俗店が多いことでも知られています。また、ホテヘルの受付所も密集しているため、それぞれのお店の受付でモザイクやぼかし無しの写真を見学して回るといった楽しみ方もできます。ちなみに、キャバクラやセクキャバも多いので、それほど広くはないものの、いろんな遊び方ができるエリアです。
 西一番街を北へ進み、トキワ通りを越えると平和通り周辺に出ます。ここは昔ながらの飲食店が軒を連ねるなか、ホテヘルの受付所が点在しています。また、平和通りのお隣はラブホテル街となっており、90分2500円程度の短時間かつリーズナブルなショーコースを設定している場合が多いので、デリヘルやホテヘルで遊ぶにはうってつけのエリアとなっています。
 西一番街を西へ進んで劇場通りを渡った先、「群馬銀行」や「遊大陸池袋店」の裏手にあるあけぼの商店街は、ソープこそは無いものの、ホテヘルやラブホ、セクキャバなど大人の遊び場が密集しているエリアとなっています。普通の飲食店は少ないため、昼間はヒト通りが少なく、ちょっとした穴場な雰囲気を味わえます。
 このように、実に多彩な面を見せてくれ、1度では遊びきることができないほどのスポットがある池袋西口エリア。通えば通うほど、その魅力にどっぷりと浸かっていくはずです。

池袋東口のソープ街

 池袋駅東口の地上に出て明治通りを左手に進むと、Y字路がすぐに見えてきます。その先が文芸座エリアと呼ばれる池袋のディープな風俗スポットです。Y字路を左手に進むと、「ニコニコ本社」があり、手前を右手に進んでいくと線路に沿うように道が続いており、すぐに居酒屋やピンサロ、パチンコ店、ラブホテルといった実に多彩なお店が顔をのぞかせ、ソープもこのエリアで2軒営業しています。休日の朝10時前に行くと、パチンコ、ストリップ劇場、ビックカメラのそれぞれで行列ができており、さらにその行列の後に入ろうとしている人でごった返している風景が印象的です。
 風俗店はというと、「文芸座」を中心にソープランドをはじめイメクラ系の店舗型ヘルスやSMクラブ、ピンサロ、ホテヘルの受付所にストリップ劇場と、ひと通りそろっています。そしてどのお店もコンセプトを明確に打ち出しているのが特徴です。例えば学園系や即プレイ専門店、果ては健康促進をコンセプトとしたエステまであり、実に奥が深いエリアです。また、老舗も多いので安定感があるのも特徴の1つで、池袋東口のソープも老舗の名店として安心して遊べるお店が営業しています。また「文芸座」付近には低料金で利用できるラブホテルも多いので、デリヘルやホテヘルも気軽に遊べるのが魅力です。

池袋ソープのまとめ

 ソープをはじめとした多くの風俗店が軒を連ね、都内屈指の夜遊びスポットとして連日多くの人が行き交う池袋ですが、豊島区は2014年に「人口消滅可能性都市」として指摘されたことがニュースで取り上げられ話題となりました。そんななか、池袋駅周辺エリアでは2035年の完成を目処に予定している大規模な再開発がスタートしており、より便利に、かつ楽しめるような街へと変化を遂げている途中です。
 池袋は元来、昔ながらの飲食店やソープに代表される風俗店など、大人の男のための街という印象が強いエリアでした。しかし、先述した「人口消滅可能性都市」として指摘されたころから、オタク文化にも街全体で注力した結果、若者文化の発信の地としての顔も確立してきました。大規模再開発の先駆けとしてオープンした総合商業施設「WACCA」をはじめ、「サンシャインシティ」や「アニメイト本店」など、多くの若者が集まるエリアが誕生し、現在では池袋は秋葉原、中野と並び「東京3大オタクの聖地」とも呼ばれるようになり、活気があふれています。
 この池袋という街全体の変化に伴い、風俗店も女のコのクオリティーがさらに向上したり、いろんな客層を取り込むための創意工夫を凝らすなど、多彩なお店が増えきています。その影響は池袋のソープにも顕著に表れており、美少女が多く集まり、ライト感覚で気軽に遊べるお店が増加傾向にあります。街が進化の過程にあり、今最も注目を浴びている池袋のソープで遊ぶ際は、事前に「マンゾクネット」での情報収集を心がけましょう。


TOP