18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
676 店舗 | 53,087

池袋のヘルス

東京の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗11
エリアを選択
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗11

投稿!みんなの体験談

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

池袋

ジャンル一発検索

池袋

プレイ一発検索

池袋

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

池袋のヘルスの検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

11件中111件の風俗店を表示

11件中111件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 東京の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

池袋の業種から風俗を探す

池袋のジャンルから風俗を探す

池袋のプレイから風俗を探す


池袋ヘルスの特徴

 池袋には西口と東口を合わせて、約10数軒のヘルスが営業しています。フェラや素股などの風俗プレイが味わえるファッションヘルス最大の特徴は、デリヘルなどと違って店舗型であるため、看板の設置が可能で場所が特定しやすいコト。さらに、店内の個室でまったりと遊べるため、ホテル代がかからないというコトが挙げられます。
 また、池袋のヘルスは、老舗や大手グループ店が営業する安心のお店ばかりがそろっており、30分などのショートコースでは1万円でお釣りがくるほどリーズナブルに楽しめるため、風俗初心者でも気軽に足を運びやすいのが特徴です。
 お店によっては、お風呂やマットでのローションプレイが楽しめるヘルスから、充実のコスプレでイメクラ風のプレイが楽しめるヘルス、早朝から営業を行っているヘルスや、人妻専門のヘルスなどがあり、横浜や名古屋ほどの規模ではないものの、池袋のヘルスはとても魅力的なお店がそろっています。

池袋北口の特徴と名所

 池袋のヘルスで遊ぶ際の玄関口や、デリヘルの待ち合わせスポットとして風俗ファンにはおなじみの「池袋北口」。線路沿いには店舗型ヘルスや老舗ソープの大型ビルが建ち並ぶ一方、SMクラブや人妻専門店、フェチ系、痴女系といったマニアック路線の受付所も多数あり、連日多くのファンで賑わっています。また、池袋北口からは徒歩数分の距離にラブホテル街があるため、ホテヘル利用者にとっても便利なエリアです。週末の夜ともなるとカップル利用者で満室になる人気ホテルも多いので注意が必要となりますが、池袋の店舗型ヘルスで遊ぶ場合はそのような心配も必要ありません。

・池袋駅北口
 風俗遊びのメインとなる「西一番街」へ最も近いのが池袋駅北口です。目の前の道を左手に行けば、すぐに「西一番街」のアーチが見えてきます。「西口」同様、待ち合わせスポットとしても有名で、すぐ近くに高架下をくぐる通路があるので「東口」へも行きやすいので便利です。

・西一番街
 端から端までで、徒歩5分ほど。ぐるっと周っても30分もかからない通りですが、居酒屋や飲食店はもちろんのこと、パチンコ、キャバクラ、セクキャバ、風俗店ではソープやヘルス、ホテヘルなど、ありとあらゆる大人の遊び堪能できる「池袋」を代表する大人の男のためのエリアです。

池袋西口の特徴と名所

 “風俗のデパート”と呼ばれる池袋エリアを象徴するほどに、ヘルスをはじめ、ソープ・ホテヘル・イメヘル・オナクラ・サロン・セクキャバなど、様々なジャンルのお店が建ち並ぶ「池袋西口」。北口のホテル街にも近い「トキワ通り」や「平和通り」、「ロマンス通り」付近には数軒のヘルス店が営業をしており、看板こそ無いものの数多くのホテルヘルスの受付所も集中しているエリアです。また、劇場通りを越えた先にも大手グループや老舗ホテヘルの受付所を擁する風俗ビルが並び、風俗ファン御用達のラブホテルも多いのが池袋西口の特徴です。

・トキワ通り
 西一番街の北側に位置する、JR各線の線路傍の通りと劇場通りをつなぐのが「トキワ通り」です。北側へ進むと「へいわ通り」周辺となり、西一番街とは景色が一変します。「トキワ通り」沿いには飲食店だけでなく、ヘルスやソープ、セクキャバ、キャバクラなども軒を連ねています。

・ロマンス通り
 池袋駅西口から見て、西一番街の中央通りの奥にあるストリートが「ロマンス通り」です。「ロサ会館」をはじめ、新鮮な素材の寿司屋や、音楽も楽しめるバー、カラオケ、ディスカウントショップなど、実に多彩なお店が集まっています。

・池袋演芸場
 西一番街の中心、中央通りの入口にあり、落語を中心に漫才や手品などの芸が開催されている、都内に4軒ある落語定席の1つが「池袋演芸場」です。1951年に創業し、1990年に改築のため休業。1993年に今の演芸場が完成し再開しました。座席数は93席で、他の都内の落語寄席と比べると狭い印象ですが、そのため、どこに座っても芸人の息づかいまで聞こえてくると評判です。

・ロサ会館
 西一番街の通りの1つ「ロマンス通り」にある池袋の総合レジャービル。戦後すぐにオープンした映画館「シネマ・ロサ」を前身とし、ゲームセンターを中心に発展してきました。建物は地下2階~地上8階+屋上となっており、映画館はもちろんのこと、ボウリング場やダーツ場、レンタルコート、飲食店やキャバクラ、ライブハウスなど、実に多岐にわたるジャンルのお店が入っており、「西一番街」のメインスポットとなっています。

・東京芸術劇場
 池袋駅西口を出て左手に進み、ドラマの舞台にもなった「池袋西口公園」の先にある総合芸術文化施設。年に6回開催されるランチタイム・パイプオルガンコンサートは、なんと500円で楽しめます。

池袋東口文芸座付近の特徴と名所

 池袋東口の風俗店密集地帯として外せないのが、「文芸座」付近です。ホテヘルの受付所がメインのエリアですが、大手グループの人気ヘルス店もあり、他にもソープ、サロン、ストリップ劇場など、あらゆる業種が集中しています。ヘルス以外の風俗では、ジャンル的にも若妻専門店から即プレイ専門店、コスプレ専門店と幅広くそろっているので、風俗ビギナーからヘビーユーザーまで安心して遊ぶコトができるエリアともいえます。店舗型ヘルスでは必要ありませんが、ホテヘルやデリヘルで利用しやすいラブホテルもすぐ近くにあり非常に便利で、飲食店も多いので、待ち時間を潰す際や、池袋のヘルスでスッキリしてから1杯楽しむという遊びも楽しめます。

・池袋駅前公園
 「ニコニコ本社」と「PARCO」の先、線路沿いに細長く続く公園。猫が非常に多く、アチコチで猫と出会えます。春には満開の桜を楽しめるスポットとしても有名で、特に周辺は池袋のネオン街のため、夜になると勝手にライトアップされます。白いはずの満開のソメイヨシノが見事に赤く輝き、美しい姿を見せてくれます。

・ニコニコ本社
 「ニコニコを365日かけて地上に再現する」をコンセプトに池袋に誕生した複合施設。中にはイベントスペースやWi-Fi完備のカフェ、生放送ができるバーなどがあります。さらに、外からも観覧可能なスタジオでは頻繁に公開収録を開催しており、出演者のファンで周辺がヒトで満ちあふれるコトもあります。

・池袋水天宮
 「池袋駅前公園」を大塚方面に歩いて行くとある神社。1928年に池袋の有志が地元の繁栄を願って「日本橋水天宮」にお礼して祀ったのが始まりとされています。その後、何度か移転を繰り返しましたが、終戦後に現在の場所へと移りました。社の右手には田んぼの神様も祀られています。

・新文芸坐
 1956年に「文芸坐」としてオープンした池袋東口の映画館。その後、老朽化などにより1997年に閉館しましたが、跡地はパチンコ店のビルとして再建し、そのテナントの1つとして「新文芸坐」がオープンしました。落語やお笑いのトークライブ会場、映画監督や俳優のトークショーの場としても用いられています。

池袋東口グリーン大通り付近の特徴と名所

 「池袋東口」の風俗は「文芸座」周辺以外にも数多く存在し、ヘルスに関しては、都内では数少ない手コキ専門の店舗型ヘルスも池袋東口にあります。基本的にはキャバクラやセクシーパブ、一般エステなどが多いという印象を持つヒトも少なくないエリアです。しかし、「豊島公会堂」付近や「サンシャイン通り」の脇にラブホテルが点在しているコトこそ、デリヘルやホテヘルなどの風俗店が数多くあるコトの証拠なのです。ジャンルとしてはフェチ系に始まり、若妻専門店、コスプレ専門店など幅広く営業しており、コスプレ専門店に関しては「乙女ロード」を擁する池袋ならではのマニアックなプレイが楽しめます。

・サンシャイン60通り
 池袋東口エリアのメインストリート。付近にはコラボカフェやアニメグッズショップなどがあり、休日にはコスプレをして歩いている若者も多いエリアです。映画館やゲームセンター、バッティングセンターもあり、奥には「サンシャイン60」もあることから、常に賑わいを見せています。

・WACCA
 2014年にオープンした「サンシャインシティ」に次ぐ池袋のメインスポットで、たくさんの飲食店や雑貨屋が入っています。現在、池袋東口エリアでは複数の箇所で再開発が進行していますが、その先駆けとなった総合商業施設です。

・美久仁小路
 サンシャイン60通りとグリーン大通りの間にある、池袋最後の酒場横丁。昭和の雰囲気を感じさせてくれ、時代から取り残されたかのような感覚を味わえます。狭い通りに全27店舗も軒を連ねており、池袋ヘルスの帰りに一杯立ち寄りたいスポットです。


TOP