112 店舗 | 3,344

沖縄の風俗

沖縄の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
風俗VR動画MCポイントカードアプリ
激アツエリア特集MCポイント

今すぐ姫

もっと見る
激アツエリア特集 沖縄編

VR風俗動画-マンゾクVR-

もっと見る
  • もみパラ
  • ユカイライフネット

割引情報

もっと見る

マンゾクニュース

もっと見る

お店 最新情報

もっと見る

風俗体験動画! MAN-TUBE

もっと見る

沖縄風俗の楽しみ方

沖縄の歓楽街といえば県庁所在地でもある那覇市。
風俗なら辻エリア。
キャバクラなどの飲みなら松山エリア。
居酒屋やお土産なら国際通りエリアがオススメです。
かつては宜野湾市に沖縄で一番の風俗街であった「真栄原社交街」というちょんの間スポットが存在していました。
料金はなんと15分5,000円からという驚きの安さで、全盛期には100軒以上の店舗がありましたが、現在は摘発により無くなってしまいました。
現在は沖縄の風俗といえば、琉球王朝時代から続く遊郭の歴史を受け継いだ辻エリアがメインスポットです。
辻にはヘルスもありますが、やはり中心はソープでしょう。
ここでは沖縄の遊び方についてご紹介していきたいと思います。


沖縄ソープ

那覇市辻はソープランドやラブホテルの密集地帯となっています。
辻という地名は琉球語の「頂き」「高所」を意味する”チージ”から基づいたと言われています。
ゆいレール旭橋駅が最寄りではありますが、駅からは少し離れているため、タクシーでの移動が楽でしょう。
沖縄のタクシーはワンメーター550円というのも嬉しいですよね。
ソープの料金体系は、サービス料を含まない入浴料で表示されているのが一般的ですが、最近では総額表示の店舗も多くあります。
予約でお店に問い合わせをする際は、まず総額料金を確認すると良いでしょう。


沖縄デリヘル

沖縄のデリヘルは那覇の辻を中心に、本島北部、中部、南部というエリアに分かれています。
ソープは那覇市辻にしかないものの、デリヘルは石垣島や宮古島といった離島にもあります。
沖縄に観光に行った際には、派遣可能なホテルであれば宿泊先に呼ぶこともできるためオススメです。
デリヘルのサービス内容はキス・ディープキス・全身リップ・クンニ・フェラチオ・69・手マン・素股などの様々なサービスを受けることが出来ます。
デリヘルはホテルや自宅でのプレイとなるため、ホテル代や地域によって交通費がプラスで必要となります。
しかし店舗型に比べて恋人気分が味わえるのが1つの特徴です。


沖縄キャバクラ

沖縄で飲むといったら、やはり那覇市松山エリアがオススメです。
この”眠らない街松山”にはキャバクラを中心に、セクキャバ、スナック、ガールズバー、クラブ、居酒屋などお酒を楽しめるスポットが数多くあります。
また、店舗数もですが、キャッチの数の多さにも驚かされます。
街を歩くだけでひっきりなしに声をかけられるので、おそらくキャッチの数は日本一ではないでしょうか。
沖縄のキャバクラは泡盛が飲み放題なのが特徴的です。
そして内地のキャバクラと少し違うのが「マンツー保証」という交渉があること。
マンツー保証とはお客様1名に対して、女の子1名がマンツーマンで必ず付くというシステムです。
ただしマンツー保証にすると料金は少し高くなり、安い料金で入ると、たとえ女の子が余っていてもマンツーマンで付かないといった、内地ではあまり無いシステムになっています。
ワイワイ系からしっとり系まで幅広いジャンルのお店があるので、自身の好みにピッタリ合ったお店を選びましょう。


沖縄はどんな子が働いている?

沖縄のキャバクラや風俗にはどんな女性が働いているのか気になりますよね。
沖縄には美人が多いと言われています。
芸能人ですと、新垣結衣さん、安室奈美恵さん、黒木メイサさん、山田優さん、仲間由紀恵さんなど多くの美女を輩出しています。
沖縄の女性は目が大きく、彫りが深く顔立ちがハッキリしていて、肌が焼けていて健康的なイメージですよね。
せっかく沖縄に行ったら方言も聞きたいし、沖縄の子と遊びたい!!と思うのではないのでしょうか。
しかし沖縄には結構内地からの出稼ぎの子も多く、最近ではリゾートバイトなどの短期の観光のついでに働いている子も多数います。
どうしても地元沖縄の子と遊びたい場合は「マンゾクネット」のキャスト情報で、出身地等のプロフィールを事前に確認しておいた方が良いでしょう。
沖縄の平均年収は日本ワースト1位なことから、若くしてキャバクラや風俗で家計のために働く子も多く、若い子が多いのも特徴的です。


国際通りどんなところ?

沖縄のグルメ・ショッピング・お土産といえば国際通りでしょう。
国際通りはゆいレール「県庁前駅」が最寄りで、「美栄橋」「牧志駅」からも歩いて行くことができます。
沖縄ならではのお土産は国際通りで全てそろいます。
グルメ、観光がメインの方は国際通り近辺のホテルに宿泊される場合も多いのではないでしょうか。
個性的な飲食店も多く、三線ライブが毎晩行われている店舗などもあります。
屋台村では郷土料理が味わえたり、市場では沖縄特有のカラフルな魚や南国のフルーツなどが購入できます。
ドン・キホーテもあり、万が一旅行グッズの忘れ物をしても買いそろえることができるでしょう。
国際通りから1歩入ると、「壺屋やちむん通り」という沖縄の伝統的な焼き物がたくさん売られている通りもあります。
国際通りはぶらぶら歩くだけでも十分沖縄の雰囲気が味わえて楽しめるでしょう。


沖縄に来たら買いたいおみやげ

沖縄のオススメのお土産をご紹介していきます。
・紅芋タルト
沖縄土産で定番なのが紅芋タルトですが、色々な種類の紅芋タルトがあります。
なかでも沖縄銘菓の「元祖紅芋タルト」が一番人気です。
最近は紅芋ケーキの「おもろ」も人気上昇中です。
・ちんすこう
こちらも定番中の定番です。
黄色いパッケージの「琉球銘菓新垣ちんすこう」
甘じょっぱさがクセになる「雪塩ちんすこう」
その他にも色々なフレーバーの商品があり、20種類以上のちんすこうがあります。
・海ぶどう
プチっとした食感が人気の沖縄おつまみの定番。
シークワーサードレッシングなどを付けたり、そのまま食べても塩気が効いていて美味しく頂けます。
冷蔵庫に入れてはいけないので保存には注意が必要です。
食べ物以外にも琉球ガラスやシーサー、泡盛なども人気と言えるでしょう。


沖縄オススメ観光スポット

沖縄には人気の観光スポットがいくつもあります。
沖縄の鉄道にはゆいレールしか無く、沖縄観光にはレンタカーが便利でしょう。
・美ら海水族館
本島北部にある日本の水族館ランキング1位に輝いた「美ら海水族館」。
世界最大級の水槽の中にいる世界最大級のジンベイザメには圧巻の一言です。
・青の洞窟
沖縄といえばやっぱり海!!
真栄田岬にある「青の洞窟」は沖縄屈指のダイビング、シュノーケリングスポットです。
光が差し込み、幻想的な空間は感動することでしょう。
・首里城
かつて沖縄は琉球王国として存在し、当時王宮であった「首里城」は定番の観光名所です。
夜にはライトアップされ、昼夜で異なる雰囲気が味わるのも魅力でしょう。
本島も素晴らしいですが、ゆっくりするなら離島も最高です。
「石垣島」「宮古島」「久米島」に加えて、本島から日帰りで行ける「渡嘉敷島」もケラマブルーと呼ばれ、世界屈指の透明度を誇ります。


まとめ

日本のリゾート地で一番人気を誇る沖縄。
1年中暖かい気候に、素晴らしい透明度の海に出会うとつい日本であることを忘れて、帰りたくなくなってしまいますよね。
沖縄観光に訪れた際には那覇の風俗を思いっきり楽しんでいただきたいです。
ぜひマンゾクネットを参考にして沖縄美女たちと遊んでみてください。
沖縄の女性と遊びたい方は「風俗動画」や「写メ日記」を参考にしていただくと、女の子の雰囲気が分かり、好みの女の子が見つかると思います。
風俗体験動画「MAN-Tube」では店舗のプレイ動画を見ることができます。
業界初のVR動画「マンゾクVR」では実際に女の子が目の前にいるような迫力があります。
「マンゾクニュース」ではマンゾク限定の超お得な割引を発信中です!!
南国の地でぜひマンゾクいくまで楽しんで下さい。



TOP