18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
62 店舗 | 3,221

土浦・つくばの風俗

茨城の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗32
エリアを選択
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗32

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

土浦・つくば

ジャンル一発検索

土浦・つくば

プレイ一発検索

土浦・つくば

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

土浦・つくばの風俗の検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

32件中130件の風俗店を表示

32件中130件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 茨城の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

土浦・つくばの業種から風俗を探す

土浦・つくばのジャンルから風俗を探す

土浦・つくばのプレイから風俗を探す


土浦風俗街の特徴

 北関東屈指の風俗街として知られる土浦は、茨城県が発足したときから県南地域の商業・行政の中心的な役割を担っていた町です。1918年(大正7年)の筑波鉄道(旧・関東鉄道筑波線、1987年廃止)の開通、東隣の稲敷郡阿見村(現:阿見町)に1929年(昭和4年)に海軍航空隊が設置されたことなどによって交通の要衝となり、料亭や遊郭といった休養施設が多かったこともあって、終戦に至るまで海軍の町として栄えました。戦後は、土浦駅西口に、小網屋(1999年閉店)、京成百貨店(1989年閉店)、丸井(2003年閉店)、西友(1997年閉店)、イトーヨーカドー(2013年閉店)などの百貨店や大型店舗が立地し、「県都」の水戸に対して、「商都」の土浦とも呼ばれるほどでした。
 土浦市内では、日本三大花火の一つでもあり、全国の花火師たちがその腕を競う「土浦全国花火競技大会」が毎年10月に開催されていて盛り上がっています。また、風俗街としては、北関東最大のソープ街としても注目されています。土浦の風俗街は、土浦駅西口近くを流れる桜川のほとりにあり、桜町と呼ばれています。明治時代の花街から始まり、戦後は赤線地帯になり現在に至るわけですが、当時の名残りを残す建物も残っています。
 現在の土浦ではソープ・ヘルス・デリヘル・ピンサロ・風俗エステなど、約100軒以上の風俗店が営業しており、リーズナブルなお店が多いのが特徴です。大手風俗グループも進出しており、ユニークな店名を掲げた風俗店も多いエリアです。

土浦風俗の遊び方

 土浦の風俗は、店舗型風俗と派遣型風俗に分かれており、店舗型のお店は、土浦駅近くの桜川の土手を下りたところにある「桜町二丁目」に密集しています。ソープランド、ヘルス、ピンサロなど、いろんな業種の風俗店が営業しており、北関東を代表する風俗街として、連日多くのお客さんで賑わっています。
 一方派遣型の風俗は、土浦駅前のホテルや、常磐自動車道の土浦北IC付近のホテルなどを利用するユーザーが多いです。人妻系やM性感などのジャンルのお店もあり、好みに合わせて楽しめます。
 「マンゾクネット」では、これらの土浦風俗の割引情報を始め、各風俗店直送の最新情報やランキング、風俗GALの出勤情報等をリアルタイムで発信しています。土浦エリアで風俗遊びをする際は、ぜひご活用ください。

土浦のソープ

 現在、土浦で営業しているソープランドは20軒弱ほどあります。ほとんどが「桜町二丁目」の風俗街にあり、総額1万円前後の格安料金で楽しめるお店が多いのが特徴です。新規オープンやリニューアルオープンしているお店も多く、いろんなジャンルのソープがあります。

土浦のヘルス

 土浦のヘルスは現在20軒弱ほどあり、ソープ同様「桜町二丁目」に集中しています。マットヘルスやコスプレに特化した風俗店、素人系に人妻系など、多彩なジャンルのお店がそろっています。金額的には1万円前後で時間も30分からとリーズナブルにサクッと楽しめる風俗が多いのが特徴です。また、ユニークな店名のお店もあり、昔の性感・イメクラ全盛期の風俗街を彷彿とさせてくれます。

土浦のデリヘル

 土浦エリアの風俗で一番軒数が多いのが、派遣型風俗のデリヘルです。大手グループの系列店だったり、素人系、人妻系、痴女系などのお店があり、料金もリーズナブルなデリヘルが多いのが特徴です。土浦駅付近や、常磐自動車道の土浦北IC付近や虫掛エリアのホテル街を利用する人が多いです。

土浦全国花火競技大会

 土浦全国花火競技大会は、茨城県土浦市で開催される花火競技大会です。日本三大花火大会及び日本三大競技花火大会の一つに数えられ、日本煙火協会が後援となっています。
 毎年10月第1土曜日(荒天時は延期)に開催されており、10月に定期開催される全国でも数少ない花火大会の1つです。日本三大花火大会では唯一大都市圏での開催となり、周辺人口に加え、交通の便も良く、毎年約80万人の見物客が訪れています。
 会場は、土浦市の桜川に架かる茨城県道24号土浦境線の学園大橋付近下流側河川敷で、打ち上げは桟敷席の対岸にある市民運動広場において行われます。打ち上げ時間は例年18時から20時30分までで、土浦の風俗街からもよく見えます。
 始まりは1925年、霞ヶ浦海軍航空隊と親交が深った新治郡土浦町(現:土浦市文京町)の神龍寺24代住職秋元梅峯が、私財を投じて航空戦死者を慰める趣旨の花火会を霞ヶ浦湖畔の埋立地において行ったことが始まりです。当初は、9月に開催されていました。
 第二次世界大戦による中断があり1946年に再開しましたが、住職の財産が無くなると共に中止が検討されました。その後は日本煙火工業会(現在の日本煙火協会)の会長を務めた北島義一が出品者確保や入賞者に贈る賞の設立など大会の運営に尽力し、日本三大花火の1つに数えられるまでとなったのです。1959年には初めて「速射連発の部」を設け、それまで仕掛け花火の一部として見なされていた速射連発花火が独立した分野として扱われるきっかけを作りました。
 1971年からは、現在の桜川にかかる学園大橋付近の開催となり、開催も原則10月第1土曜日となりました。開催日には交通機関がかなり混雑するため、風俗遊びで土浦を訪れる際は注意が必要です。

土浦の新名物「ツェッペリンカレー」

 土浦で風俗遊びをする際の腹ごしらえにおすすめなのが、茨城県土浦市のご当地カレー「ツェッペリンカレー」です。名前の由来は、ドイツの大型飛行船ツェッペリン号です。昭和4年にツェッペリン号が世界一周に挑戦したとき、茨城県土浦市に立ち寄ったことがありました。そのとき土浦市民が歓迎のしるしとして、ヨーロッパの人の口にも合いやすいように地元の食材を使用して、乗員に振舞ったカレーに由来しています。それ以来、土浦ではカレーが隠れた名物になったのです。
 現在ではお店によって食材や調理方法などを工夫することで、全国のカレーファンからも密かに注目を集めるカレースポットになっています。ツェッペリンカレーのカレーのルールは地元土浦の食材を使用することです。特に現在では、全国一の生産量を誇る「レンコン」を使用することが決まりになっています。ツェッペリンカレーを提供しているのは、現在では土浦市内の約25店舗です。カレー専門店ばかりではなく、土浦の風俗街の近くにある中華料理やラーメン店なども参加し、従来のカレーにとらわれない様々なメニューが楽しめます。また、土浦ではツェッペリンカレーのナンバー1を決める「つちうらカレーフェスティバル」も開催され、カレー熱に拍車がかかっています。土浦の風俗を訪ねる際には、ぜひツェッペリンカレーも楽しんでみてはいかがでしょう。

土浦風俗のまとめ

 茨城県の風俗は「水戸」と「土浦」が有名ですが、どちらも北関東エリアでは最大級の規模を誇っています。東京からのアクセスは、上野駅からだと常磐線で約1時間、特急に乗れば約45分と、アクセスも良く、車でも「三郷ジャンクション」から常磐自動車道に進み、桜土浦インターで降りて行けば、渋滞が無いと1時間かからないで土浦の風俗街へ行くことができます。
 「マンゾクネット」では、土浦エリアの風俗店約100軒掲載しています。各風俗店の最新情報から、今スグ遊べる風俗GALの情報等を常時配信していますので、ニーズに合わせて探して遊びに行ってください!!


TOP