18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
62 店舗 | 3,205

土浦・つくばのソープ

茨城の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗10
エリアを選択
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗10

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

土浦・つくば

ジャンル一発検索

土浦・つくば

プレイ一発検索

土浦・つくば

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

土浦・つくばのソープの検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

10件中110件の風俗店を表示

10件中110件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 茨城の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

土浦・つくばの業種から風俗を探す

土浦・つくばのジャンルから風俗を探す

土浦・つくばのプレイから風俗を探す


土浦のソープ街

 土浦はソープ、ヘルス、デリヘル、ピンサロ、エステなどといったお店が100軒近く営業している、北関東エリア屈指の繁華街です。なかでもソープランドは、現在20軒弱ほどが営業しており、水戸の天王町ソープ街以上の規模を誇っています。
 では土浦のソープはどこにあるかというと、JR土浦駅西口の南側を流れる「桜川」の近くの桜町2丁目に、その大半のお店が密集しています。そのため、土浦のソープ街は「桜町」と呼ばれることが多いです。ちなみに土浦駅からはソープ街へは徒歩で10分かからないぐらいで到着することが可能ですが、余裕があるならタクシーを利用してもいいかもしれません。

土浦桜町の歴史

 北関東屈指のソープ街として知られる土浦は、土浦城の城下町として発展し、江戸時代には現在の茨城県南地域の中心都市としての基礎が固まりました。
 現在多くのソープランドが建ち並ぶ桜町に相当する区域は、明治時代までは霞ヶ浦から続く一面の湿地帯でした。それが1926年(大正15年)に新市街地として造成され、霞ヶ浦海軍航空隊向けに、料亭・料理屋・飲食店・カフェ等が集められたのですが、それらが1か所に集められたのは、海軍の風紀の取り締まりのためでした。
 土浦の開発の中心に立ったのは、霞ヶ浦岸の蓮河原地区の耕地整理組合長を務めた久松五右衛門という人物です。海軍航空隊開隊に合わせて、当時の土浦町長と共に耕地整理と並行して新市街開発に乗り出しました。土浦市史では「久松五右衛門の功績は、土浦の発展史上忘れることができない」と記されています。
 このエリアが現在の桜町2丁目のソープ街に繋がっていて、最盛期には43軒もの特殊飲食店が存在したそうです。終戦後は、昭和33年の売防法施行の影響もあり、土浦の繁華街も否応なく一度下火となりました、しかし昭和40年代になると、筑波研究学園都市と鹿島臨海工業地帯の建設が開始されたことによって、土浦は息を吹き返します。この建設に従事する労働者は数千名に及んだと記録されており、彼らを癒やす大切なエリアとして存在感を強めました。土浦桜町のソープ街(当時はトルコ風呂)はこの頃に誕生し、昭和50年代には30軒を超えるソープが営業する、北関東屈指の一大ソープ街となったのです。
 ちなみにこの当時のソープの料金は、当時の価格で総額2万円前後と、現在の激安ソープほどではないものの、価格を抑えめにしたソープが主流でした。また当時からコスプレや変わった趣向のソープランドが多く、土浦ならではの色濃くユニークなコンセプトの風俗店は、今でも受け継がれています。

土浦駅からソープ街へのアクセス

 「JR土浦駅」で下車したら、まずは西口から出ます。西口は広めのデッキ広場となっており、広場の中に3本、線路とは垂直に縦方向に伸びる道があります。広場の最も左手となるバスターミナルに隣接している広い道を、駅を背にして進みます。この道を真っ直ぐ進むだけで左手に桜町2丁目のソープ街が見えてきます。
 土浦駅までは、上野駅から「JR特急ときわ」に乗って6駅、55分で到着します。特急を使わなくても、「常磐線」で15駅、約1時間で行けるので、都心からものんびり電車に揺られながら、小旅行気分で土浦ソープへ行くのも楽しいかも知れません。

土浦ソープの特徴

 土浦のソープは現在20軒弱あり、そのほとんどが桜町に集中していますが、桜川を越えた下高津にも1軒のソープがあります。料金的には総額1〜2万円ぐらいの格安料金で遊べるソープばかりで、リーズナブルに楽しめるのが土浦ソープの最大特徴です。店名変更やニューオープン、店舗移転等が多いのも、土浦ソープの特徴で、大手グループのお店があったり、人妻系、素人系、AV系など、いろんなコンセプトのソープランドが多くあります。
 朝6時から営業している早朝ソープもありますが、朝10時から営業開始というお店が多いのも土浦ソープの特徴です。

土浦ソープ街周辺のグルメ

 土浦桜町のソープ街付近には美味しいモノが食べられるお店が多数あるので、オススメを紹介していきます。
 まず紹介するのが「洋食大かわ」。客足の絶えない人気の老舗洋食店です。ランチメニューにはサービスランチとデラックスランチがあり、どちらもボリューム満点でコストパフォーマンス抜群です。洋食店ながら、かつ重などの和食メニューにも定評があります。
 続いて紹介するのが、「麺屋 大葉」。千葉の3大ラーメンの1つ、「竹岡式ラーメン」が土浦でも食べられると人気です。
 焼肉なら「亀城苑(きじょうえん)」が絶品です。地元土浦の人にも愛されていて、何を食べても美味いですが、個人的にはホルモンがお勧めです。ソープ遊び前のスタミナ補給にもうってつけのお店です。
 そして、絶品のデミグラスハンバーグを食べさせてくれるのが「中台」です。開店直後から行列ができるぐらいの人気店ですが、並ぶ価値は十分にある名店なので、土浦ソープ遊びの前後に時間がある際はぜひ立ち寄りたいお店です
 美味い焼き鳥を食べたい人には「鳥平」がオススメです。土浦駅と桜町二丁目のソープ街の間ぐらいにあり、何を頼んでも美味しくお酒が進みます。ソープでスッキリしたあとに、ここで一杯やって余韻に浸るのもオススメです。

土浦桜町きらら通り

 土浦ソープ街のある桜町のメインストリートが「きらら通り」と呼ばれる通りで、ソープをはじめヘルスや飲食店などが建ち並んでいます。土浦は外観や店名にインパクトのあるお店が多く、賑やかな看板で彩られた繁華街の街並みは、都心とはひと味違う魅力があふれています。土浦には写真見学OKのソープも多いので、通りを散策し、各店の店頭で女の子をチェックしてから遊びに行くのもおすすめです。

桜の名所・土浦

 「桜町」という地名だったり、「桜川」という川が流れていたりと、土浦のソープ街周辺は桜の名所としても有名です。桜川の土手は、散歩をしながらお花見をしたい人にはお勧めのスポットになっています。また、毎年「土浦桜まつり」が開催されており、土浦では花見ついでにソープで美女の花と戯れる…、という人も多いみたいです。
 ちなみに「土浦桜まつり」は、毎年3月末から開催されています。亀城公園、桜川、乙戸沼公園、新川提など、15ヶ所以上もの会場にて行われる、土浦を代表するイベントのひとつです。
 メイン会場となる亀城公園は、かつての土浦城の本丸と二の丸の一部を整備して造られた、土浦の歴史のシンボルとなっています。敷地内には約70本のソメイヨシノが咲き誇り、その歴史ある建築物と桜の調和の美しさは格別です。そのほか桜川提、真鍋小学校など土浦市内に点在する桜の名所をめぐり、春のお花見散歩を楽しむことができます。

土浦ソープのまとめ

 近くに海軍があったのがきっかけでできたという、土浦桜町のソープ街。土浦近隣の「つくば学園都市」や「鹿島臨海工業地域」の発展とともに盛り上がっていき、現在に至っています。また、土浦はソープだけではなく、飲食店やキャバクラなどもあり、ソープ街でもあり繁華街でもある魅力的な街です。東京からも特急に乗れば1時間もかからないほどの距離なので、いろんな楽しみを求め、プチ観光気分で土浦ソープに遊びに行くのもいいのではないでしょうか?
 魅力あふれるソープランドが多い土浦で遊ぶ際は、「マンゾクネット」の検索機能を活用しましょう。予算によって絞り込めるお店検索と、詳細なプロフィールやタイプから探せる女の子検索を組み合わせることで、こだわり抜いたアナタだけのソープ&女のコ選びができるハズです。


TOP