18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
61 店舗 | 3,168

水戸のソープ

茨城の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗10
エリアを選択
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗10

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

水戸

ジャンル一発検索

水戸

プレイ一発検索

水戸

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

水戸のソープの検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並び替え:標準ランキング順

10件中110件の風俗店を表示

10件中110件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 茨城の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

水戸の業種から風俗を探す

水戸のジャンルから風俗を探す

水戸のプレイから風俗を探す


水戸ソープの特徴

 茨城県の県庁所在地「水戸市」には、現在10軒以上のソープランドがあります。そのうちのほとんどは、水戸を代表する風俗街「天王町」というエリアに密集しています。
 水戸のソープは金額的には、総額1〜2万円台で楽しめる格安ソープのお店ばかりで、全国展開しているグループ店が集結していたり、古くから営業していて地元民に愛される老舗が存在感を放っていたりと、小規模ながらも濃厚で、他のソープ街とはひと味違うバラエティーに富んだラインナップになっているのが特徴です。
 最近は、地方や都心部といった遠方から、あえて水戸エリアまで出稼ぎに来る女のコも増えて来ており、ソープで働く女のコのレベルも急上昇していると評判です。店舗も、歴史を感じる風情のある建物から、新築されたオシャレな外観のソープまで多彩になっており、ソープ街の一角をフラッと歩くだけでも楽しめるエリアです。
 また、水戸のソープ街がある天王町のすぐ近くには、大工町と呼ばれる繁華街があり、ソープで汗を流した後は、こちらで水戸名物の料理やお酒に舌鼓を打つのもオススメです。

水戸ソープ街までのアクセス

 水戸のソープランドが密集している「天王町」は、水戸駅の北口を出て、駅前から伸びている国道50号を直進し、2キロほど進んで左手に入った一画になります。徒歩だと20分ほどかかるので、タクシー、もしくは「水戸駅」から出ている「偕楽園」行きなどのバスに乗り、5つ目の停留所の「泉町三丁目」で降りて、左手に入って行けば到着します。車の場合は、カーナビで「天王町主要部」もしくは、行きたいお店の住所を入れれば大丈夫です。ソープ街のある天王町には、コインパーキングも多数あるので、マイカーで遊びに来る人も多いです。
 都心から水戸のソープへ行く際は、在来線でも可能ですが、東京駅から特急ときわに乗って行くのがオススメです。約1時間半ぐらいで到着することができるので、ちょっとした小旅行気分で、週末に水戸のソープまで足を運ぶことも可能です。

水戸ソープ街の歴史

 水戸のソープが多数建ち並ぶ天王町は、かつての旧武家街の跡に設けられた大工町花街に由来します。この大工町花街は行政側より、いわゆる「三業地」として認められていました。ちなみに、三業地とは、料理屋、芸妓の置屋、待合茶屋の営業が認められた地域のことです。公には売春行為は行われていないとされ、遊郭とは少し意味合いの異なる営業形態であったと思われます。昭和40年代の風営法改正の際にはソープ店(当時はトルコ風呂)の営業許可地域として認められる事になりました。結果、10軒あまりのソープランドが営業を開始し、現在の水戸ソープ街へと連なる風俗街の歴史が始まりました。

水戸大工町

 水戸を代表するソープ街の天王町から、国道50号を挟んだ向かい側にあるのが大工町と呼ばれるエリアで、こちらは飲み屋街となっています。スナック、キャバクラ、居酒屋などが数多くあります。地元のソープ通は、天王町のソープで癒されてから、大工町で一杯という流れが一般的なようです。

クイーンシャトー

 水戸のソープ街・天王町にある巨大な建物で、壁に描かれているトランプのクイーンが強烈なインパクトを与えてくれる廃墟です。この建物は「クイーンシャトー」と呼ばれた高級ソープランドの跡で、全国の廃墟マニアの間では聖地として注目されています。
 敷地面積600坪の5階建てで、客室は16(1フロアあたり4室)と少なく、1部屋の広さは20畳近くあったそうです。総工費8億円をかけた豪華さで、1、2階は吹き抜けになっており、8千万円もする黄金のシャンデリアが天井からぶらさがっていたり、ロビーには噴水があったり、外壁にはタイルでトランプ柄のキング・クイーンが造られており、トランプ城とも言われていました。
 この豪華さで、1987年4月にオープンしたものの、同年の8月に閉店…。わずか4カ月で廃業に追い込まれたようです。一説では不法滞在の外国人を働かせており摘発を受けたのが原因らしいですが、120分10万円といわれる値段設定が高かったので、時間の問題だったとの話もあります。
 その後は、心霊スポットや廃墟として有名になりましたが、現在は一切中に入れないようになっています。

京成百貨店

 「水戸駅」からソープ街のある「天王町」に向かう途中、国道50号線沿いにある、水戸を代表する百貨店です。関東地方で展開する京成グループの百貨店で、最盛期は「上野」、「大森」、「市川」、「土浦」など、1都2県で5店舗展開していましたが、現在は水戸のみの営業となっています。
 かつてのライバル店であった、旧ボンベルタ伊勢甚水戸店(ボンベルタ百貨店)跡地の新店舗に2006年(平成18年)3月17日に移転し、地上10階地下2階で、店舗面積は34,000m2(旧店舗:15,000m2)に拡大しました。移転と同時に、商圏拡大を意図して、店舗名を「水戸京成百貨店」(水戸京成)から「京成百貨店」に変更し現在に至っています。

水戸偕楽園

 日本有数の観光スポットで、岡山の「後楽園」、金沢の「兼六園」と並んで「日本三名園」の1つと呼ばれるのが「偕楽園」です。この「偕楽園」は、ソープ街のある「天王町」からも歩いて数分のところにあります。
 国の史跡及び名勝に指定されており(指定名称は「常磐公園」)、隣接する千波湖周辺の拡張部を含めた「偕楽園公園」は、都市公園としてニューヨークのセントラルパークに次ぎ世界第2位の面積を持っています。
 江戸時代天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、領民の休養の場所として開園されました。
 「偕楽園」には約100種3,000本の梅が植えられ、かぐわしい早春を告げてくれます。2月下旬から3月下旬にかけての「梅まつり」を皮切りに、桜、つつじ、秋には萩、初冬には二季咲桜と、園内に花々が季節を届けてくれます。
 「偕楽園」は、「陰」と「陽」の世界観を意識して作られているとも言われています。陽が降り注ぎ、早春にはかぐわしい梅の花が咲き誇る「陽」の世界と、幽玄の世界のように、しっとりした静けさが心地良い「陰」の世界。そのコントラストを楽しむのも、偕楽園ならではの魅力のひとつです。
 水戸のソープを訪れた際にも、ぜひ足を運んでほしいオススメの観光スポットです。

水戸ソープのまとめ

 「偕楽園そばの快楽園」と呼ばれることもある天王町のソープ街に10軒以上、那珂川の近くに1軒、水戸ではソープが営業しています。どのソープもリーズナブルな料金設定で、地元や近隣の人だけではなく、出張族が遊びに来たり、週末は関東エリアから水戸のソープまで遊びに来る人も多いそうです。
 昨今では、全国を股に掛けるような人気の風俗グループが、続々と水戸のソープエリアに進出していることからも注目度の高さがうかがえます。なにしろ、全国で営業しているうえで水戸を選ぶのは、この地のソープ街のポテンシャルの高さを見いだしているからに他なりません。また、大手グループが参入することは、今後の水戸ソープ街の発展にも大きく寄与することは間違いありません。なぜなら全国からレベルの高いコが水戸のソープ街に参入することが予想され、それは現実になってきています。全国各地からいろんなタイプのコが出稼ぎで水戸まで働きに来ており、それがまた口コミで広まって、さらに女のコが集まり、お客さんも集まるという好循環が水戸のソープでは始まっています。
 「マンゾクネット」でも、そんな注目の水戸のソープの情報をバッチリ紹介していますので、水戸ソープ選びの際にはぜひ参考にしてください!!


TOP