18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
643 店舗 | 42,782

池袋の風俗

東京の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗159
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗159

投稿!みんなの体験談

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

池袋

ジャンル一発検索

池袋

プレイ一発検索

池袋

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

池袋の風俗の検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並び替え:標準ランキング順

159件中130件の風俗店を表示

159件中130件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 東京の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

池袋の業種から風俗を探す

池袋のジャンルから風俗を探す

池袋のプレイから風俗を探す


池袋風俗の遊び方

池袋の風俗エリアは北口、西口、東口と3つに分かれています。
中でも人気があるのはやはり北口でしょう。
池袋北口はラブホテルや風俗店、受付案内所の密集地帯となっており、現在風俗店の店舗数は日本一と言われています。
池袋の風俗にはソープ、店舗型ヘルス、デリヘル、ホテヘル、ピンサロ、性感エステなど幅広いジャンルのお店があります。
中でも「トキワ通り」周辺は激戦区で、風俗店以外にもキャバクラやガールズバー、飲食店なども数多くあります。
まさに池袋は東京一の歓楽街と言っても過言ではないでしょう。
若くてかわいい子や素人系が多いのも人気の理由ではないかと思います。
そんな大人の街池袋についてご紹介していきたいと思います。


池袋デリヘル、ホテヘル

池袋にはラブホテルやシティホテル等が数多く存在しており、デリヘルやホテヘルといったホテル派遣型の風俗店で遊ぶにはオススメのエリアです。
デリヘルとはデリバリーヘルス、ホテヘルとはホテルヘルスの略称です。
どちらも店舗型ヘルスとは違い、専用のルームではなくホテルへ女の子を派遣してくれる業種です。
ではデリヘルとホテヘルの違いとは何なのでしょうか。
まずは派遣場所。
どちらもラブホテルやシティホテル、レンタルルーム等へのデリバリーが可能となっていますが、デリヘルの場合は自宅への派遣もOKなお店もあります。
また、池袋界隈のホテル派遣が中心のホテヘルに対し、デリヘルの場合は池袋以外へのデリバリーを行ってくれるお店もあります。
そしてもう1つの違いは、受付所の有無。
デリヘルはネットで事前に女の子やシステム等を自分で確認する必要があるのに対し、
ホテヘルは受付所にて女の子の写真を見て選ぶ事が出来ます。
ホテヘルは受付にて料金を支払い、そこからホテルに移動して、プレイを楽しむという流れになっています。
サービス内容はデリヘルもホテヘルも変わりません。
料金相場としては45分~60分の間で、10,000円~15,000円といったところでしょう。


池袋店舗型ヘルス

池袋の店舗型ヘルスは学園系や人妻系、ニューハーフ系など幅広いジャンルが楽しめます。
店舗型ヘルスはファッションヘルス、箱ヘルとも呼ばれています。
サービス内容はキス、ディープキス、全身リップ、フェラチオ、69、手マン、素股などが楽しめます。
池袋の店舗型ヘルスにはデリヘルやホテヘルとの差別化を図るためにマットプレイが体験出来る店舗が多いのも特徴です。
また、早朝からや時間も30分コースから設けている店舗も多く、手軽にサクッとヌキたい方には最高ですよね。
ホテヘルやデリヘルと違い、ホテル代もかからずで、料金相場は30分なら7,000円~8,000円といったところでしょう。
相場も都内の他の地域より安いのも魅力の1つです。


池袋ソープ

池袋のソープランドは北口とロサ会館周辺が中心となっています。
都内のソープランドというと吉原や新宿を思い浮かべる方も多いと思いますが、池袋は吉原に次ぐ店舗数があります。
ソープでは個室内の浴場で泡姫による真心のこもったサービスを楽しむことができます。
ソープの料金体系は「入浴料+サービス料=総額」となっており、特殊な表示になっています。
池袋のソープランドの場合は総額表示をしている店舗が多いですが、入浴料で表示されているソープランドでは別途サービス料が必要になる為、事前に総額料金の確認が必要です。
池袋のソープは吉原とは違い高級店が無く、ほとんどの店舗が10,000円~20,000円の大衆店となっています。
素人系からギャル系、人妻系まで幅広いラインナップにこの料金という事で、観光客や埼玉等の近隣県からも風俗客が集まり賑わっています。


池袋はどんな街?

東京豊島区の池袋は、新宿、渋谷と並んで東京三大副都心の1つとして知られています。
池袋駅はJR山手線、埼京線、湘南新宿ラインに加えて東武東上線、西武池袋線、東京メトロ有楽町線、丸ノ内線、副都心線の計8路線が乗り入れる巨大ターミナルとなっています。
1日の平均乗降客数は新宿に次いで世界第2位を誇ります。
サンシャインシティを中心に百貨店やデパート、家電量販店も多くショッピングにも困らないでしょう。
また、近隣には大学も多数あり、学生も多く若者の街として知られています。
さらには、サンシャイン劇場、東京芸術劇場、池袋演芸場などの文化施設も多く、2020年にはオフィス、映画館、ライブ劇場などが入った「ハレザ池袋」がオープン予定です。
2020年の東京オリンピックに向けて、現在池袋では大規模な再開発が進んでおり、女性や高齢者に優しいまちづくりを目指しています。
駅から少し離れると、公園も多く実は意外と緑が多いんです。


池袋の治安

池袋は治安が悪いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
東口はサンシャインシティや百貨店やデパートがあり、学生やカップルが多く、治安の心配は池袋の中では一番少ないかもしれません。
西口はドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の影響もあってか、いまだにカラーギャングがいるといったイメージを持っている人もいるかも知れませんが、それはもう何年も前の話で、現在はそういった事はないようです。
北口はラブホテル街や風俗街が多く、チャイナタウンとしても知られていることから、一時期は治安の悪さが危ぶまれたこともあります。
しかし近年では犯罪件数も減少傾向にあり、イメージ払拭に向けて先程ご紹介したように再開発が進んでおります。


池袋の待ち合わせ

池袋は路線や出口がいくつもあり、迷ってしまいますよね。
池袋には東口に西武百貨店、西口に東武百貨店があり、それが余計迷ってしまう原因となっています。
待ち合わせするだけども一苦労ですよね。
そんな池袋のオススメ待ち合わせスポットをご紹介していきたいと思います。
・いけふくろう
池袋の待ち合わせスポットの定番中の定番ではないでしょうか。
駅構内の北改札口を出た所にあります。
しかし人も多く、意外にも見逃してしまう方も多いのでご注意。
・母子像
東口を出た所にあり、喫煙所もすぐ近くにある事から、愛煙家には人気のスポット。
・池袋西口広場
西口側はこちらが定番。
緑色のフクロウの「えんちゃん」が目印です。


オタクの聖地池袋

オタクの聖地といえばやはり秋葉原ですが、池袋、中野も含め東京3大オタクの聖地と言われています。
特にオタク女子からは人気です。
池袋東口には「ニコニコ本社」、サンシャインシティの先に「乙女ロード」と呼ばれる腐女子の聖地があります。
・ニコニコ本社
以前は原宿にありましたが、P’PARCO内に移転しています。
ニコニコ本社はnicocafe、ニコぶくろスタジオ、ニコニコショップ、イベントショップのある複合施設となっています。
・乙女ロード
乙女ロードとは元アニメイト本社があり、アニメグッズや同人誌を扱うお店が多数あります。
「腐女子」とは単に女性のオタクではなく、BL(ボーイズラブ)を愛する女子の事を言います。
池袋にはアニコス、ゲーコス専門のイメクラまであります。


まとめ

東京三大副都心の池袋。
再開発も進み、すっかり治安の悪いイメージも払拭されてきました。
現在風俗の店舗数は日本一。
若くてかわいいギャル系や素人系からサービス濃厚な人妻系まで。
店舗やジャンルの多さからも目を見張ものがありますが、魅力は何と言ってもその安さ。
お客もですが、埼玉や北関東から働きにきている女の子も多く、安い料金でもかわいい子に巡り合える事は多いでしょう。
ぜひランキングなども参考にして頂いて、「マンゾクネットを見た!」とお電話してみてください。
「マンゾクVR」「エロ写」「写メ日記」なども見て頂くとさらに女の子の雰囲気がわかると思います。
池袋の風俗で遊べば、誰もがきっとマンゾクして頂ける事でしょう。



TOP