18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
88 店舗 | 6,015

西川口の風俗

埼玉の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗0
業種を選択
  • 選択する

    業種から探す

    業種から探す

    ジャンルから探す

    • 人妻/熟女系
    • 素人系
    • お姉さん系
    • イメクラ系
    • エステ系
    • オナクラ/手コキ系
    • フェチ/マニアック系
    • ニューハーフ系
    • 高級/ハイクラス
    • 激安/リーズナブル
    • 痴女系
    • 学園系
    • ぽっちゃり系
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗0

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

西川口

ジャンル一発検索

西川口

プレイ一発検索

西川口

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

西川口の風俗の検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

0件中00件の風俗店を表示

0件中00件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 埼玉の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

西川口の業種から風俗を探す

西川口のジャンルから風俗を探す

西川口のプレイから風俗を探す


西川口ってどんな街?

 埼玉県屈指のベッドタウンとして知られる川口市。川口市といえば、埼玉県全体でいえば最南端ともいうべき場所で、荒川を挟んで東京都北区ともつながっています。赤羽から京浜東北線で2駅の西川口は、その独特の営業スタイルから、かつては「NK(西川口)流」という言葉も登場するほどの風俗街として、大人の男性たちの遊び場となっていました。しかし現在ではそうしたイメージは鳴りを潜め、健全な風俗街としての顔と、中華街としての新たな顔を持ち始めています。

西川口風俗の変遷

 風俗が登場する前の西川口には、もともと飲食店街の「鉄塔横丁」が栄えたように、歓楽街としての顔がありました。西川口には男遊びの定番フレーズ「飲む打つ買う」の3拍子の内、歓楽街の居酒屋で「飲む」、オートレース場や競馬場で博打を「打つ」という2つの要素が備わっていたのです。
 そうなると必然的に、今度は女を「買う」という要素が入ってくるのは時間の問題でした。西川口に風俗店が増えたのは、1970年代に入ってからになります。全国的にブームとなった「トルコ風呂」が西川口にも開店し、80年代にはトルコ風呂からソープランドへ名称を変えて営業が続いていきます。
 バブル期に入ると東京では土地代が高くつくため、風俗店のテナント料も必然的に上がりました。しかし、東京都心からほど近くにある西川口なら、テナント料は割安で、なおかつベッドタウンでもあるために人通りも多いという特徴がありました。加えて「ギャンブル場が近いために風俗遊びを好む男性が多くいる」という、風俗側からしたらメリットばかりの街であったため、この時期にピンクサロン、ヘルスなど風俗店も乱立しました。
 そして、一世を風靡したNK流が登場します。西川口が、全国の風俗ファンの中でも有名になったのは、2000年頃のことです。もともとは川口オートレースのギャンブル客男性を相手に、小規模に細々と営業している風情のあった西川口の風俗でしたが、すぐ隣町である東京都北区の違法営業の風俗店が軒並み摘発を受けて壊滅状態になったため、そちらからどんどんと業者が流れてきて、西川口は一大風俗街として発展していきました。
 しかし今となってはそれも昔の話です。以前はそこら中にあった裏風俗の数々は、2005年に埼玉県警により行われた大規模な摘発で一掃されることになりました。令和の時代となった今の西川口は、ソープランド、ヘルス、デリヘル、ホテヘルといった健全な風俗店がそろう埼玉県屈指の歓楽街として賑わっています。

西川口ソープ

 西川口エリアにある店舗型風俗店の中心がソープランドです。現在は約16軒のお店がが営業しており、全てが西川口1丁目10番地に固まっています。総額1万円台から遊べる低価格のお店が多く、コスプレや素人系、熟女系など、いろんなコンセプトのソープがそろっています。

西川口デリヘル

 西川口発を謳っているデリヘルは多く、埼玉では大宮に次ぐ激戦区になっています。デリヘルの女のコを呼びやすいラブホテルも、西川口駅付近と、国道122号沿いに集中しているので、電車でも車でも利用しやすくて人気です。

西川口の治安

 以前に比べて住みやすくなり、遊びやすくなったとはいくらいっても、西川口に対してはどうしても昔のイメージを未だに抱いている人は多いかも知れません。違法なNK流のお店は無くなっても、風俗店そのものは無くなってはいないため、イメージ的に治安が気になるという方も多くいるでしょう。しかし特に気にする必要はない、というのが最近の一般的な意見のようです。
 埼玉県警が発表している事件事故発生マップを見ると、2017年に西川口の街で起こった事件はひったくりが9件、自動車盗難が6件と比較的一般的な数です。もちろん全く犯罪が無いというわけではありませんが、そのほとんどは駅前から離れた住宅街でのものなので、人通りの多い駅周辺は比較的安心して遊べます。

西川口の住宅事情

 かつて違法風俗店が多く集中していたこともあり、西川口の評判は今一つでした。都心からほど近いというアクセスの良さを誇りながらも、住みたくない街ランキングでは常に上位に入っていました。ところが現在は、むしろ住みやすい街として再評価の声さえ上がってきています。その理由のひとつにあるのは物価の安さ。もともと在日中国人が多くの中華料理店を開いていたことも関係していますが、中華料理店の多くはランチタイムになるとリーズナブルな価格で定食を提供していることがほとんどです。なかには、ご飯おかわり自由でワンコインの定食を提供しているというお店も少なくありません。
 また隣接する東京都北区には料理系の専門学校などが多くあるため、上京してきた学生が西川口に住むケースも多く見られます。ちなみに西川口の家賃の相場はワンルームでおよそ5万5千円。これが隣接する東京北区にある東十条の街と比べるとその差は約2万円。たった10分電車で移動しただけでこんなに家賃が変わるのであれば、西川口に住もうという人が多くても不思議ではありません。

チャイナタウン西川口

 2000年代中盤、NK流のお店が徐々に姿を消していき、西川口の風俗街には空きテナントが多く見られるようになりました。かつて隆盛を極めた鉄塔横丁も現在はあまり元気がなく、西川口はベッドタウンとしての色合いを深めていったのです。
 しかし、そんな空きテナントに目を付けたのが在日中国人たちでした。都心から近いという地理的なメリットはやはり在日中国人たちにも魅力的だったようで、空いたテナントを多くの中国人たちが買い取り、中華料理店や中国の文化を色濃く残すお店が続々とオープンするようになりました。
 横浜の中華街、神戸の南京町、長崎の長崎新地中華街など、日本には各地にチャイナタウンと称される街がありますが、現在の勢いでいえば西川口が随一と言われています。駅前にある商業施設のビーンズ西川口にも中国人たちの好みを反映するようなお店が多数並び、かつて駅前の商業施設でありながら空き店舗だらけだったころからは一変しました。特に中国の揚げパンと称される油条や豆乳を売るお店には連日多くの人が集まり、本場と変わらぬ味を楽しんでいます。
 また、街を歩いていると焼き小籠包のお店や中国人向けの中華物産店も多くお店を構えていて、本家の中華街以上の品ぞろえを誇ります。今やリトル・チャイナタウンと化したこともあってか、2018年の西川口の総人口はなんと60万人を突破しました。かつて住みたくない街ランキングの上位にいたとは思えない人気ぶりを見せています。

西川口風俗のまとめ

 昔と今とではかなり街の様子が変わった印象のある西川口の風俗街。都心からほど近いというアクセスの良さとコスパの良いお店が多い、というのはやはり魅力的です。
 「マンゾクネット」では、西川口のお店を約100軒以上紹介しています。ソープランド、デリヘル、ヘルス、ホテヘルなど、どれもリーズナブルに遊べるお店が多いのが特徴です。いろんなジャンル別にも検索できるので、ニーズに合わせて探してみてください。
 動画やグラビアなどでは、西川口の女の子を見ることができるので、オキニの子を見つけて行くのもいいと思います。
 遊びに行く際は「マンゾクネットを見た」と伝えれば、素敵な特典があるかもしれません!!


TOP