18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
79 店舗 | 4,715

大宮のソープ

埼玉の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗6
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗6

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

大宮

ジャンル一発検索

大宮

プレイ一発検索

大宮

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

大宮のソープの検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

6件中16件の風俗店を表示

6件中16件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 埼玉の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

大宮の業種から風俗を探す

大宮のジャンルから風俗を探す

大宮のプレイから風俗を探す


大宮北銀座のソープ街

 埼玉県の2大ソープ街と呼ばれているのが「大宮」と「西川口」エリアです。そのなかで、埼玉県さいたま市大宮区にあるのが、大宮のソープ街「北銀座」と呼ばれる地域になります。日本有数のターミナル駅・JR大宮駅の東口にあり、通称「キタギン」と呼ばれるこのエリアには、現在は約20軒のソープが営業しています。
 昭和の高度成長期に、大宮南銀座(通称・ナンギン)が歓楽街として広く関東で有名になりました。それに対応する形で、大宮駅北側の「大宮銀座通り」と、その奥にあった特殊浴場エリア、通称「北新地(平和通り)」を合わせて「北銀座(キタギン)」と呼ばれていた時期もありました。それが平成の時代に入ると、特殊浴場エリアと一般商業店舗エリアの大宮銀座通りを明確に区別するために、特殊浴場エリアのみを北銀座と呼びわけるようになっていきました。
 2000年代初頭の風俗全盛期には、西川口流で一世を風靡した西川口エリアの影に隠れる存在でしたが、2010年代の摘発で西川口の風俗街が一時期衰退したことによって、今では埼玉県内屈指のソープ街として広く知られています。

大宮ソープ街の歴史

 新幹線も停まる巨大ターミナル駅、JR大宮駅の辺りは、もともと江戸時代のころには中山道の宿場町、大宮宿がありました。“大宮”とは、駅から見て北東方面にある氷川神社のことを指し、宿場町兼、門前町として賑わいを見せていたといいます。そして、宿場町と言えば飯盛り女(ご飯を給仕する、という名目で売春行為をも行う私娼)が付き物でした。また神社仏閣についても精進落とし(しょうじんおとし)という面で、遊郭と持ちつ持たれつの関係であったことなどから、元々この場所には風俗産業の素地が出来ていたようです。そして明治から大正期になると、埼玉県では売春行為に関して厳しい政策が取られ、この場所に公許の遊郭が設置されるようになったのは1919年になってからとなります。その後も県としては「改めて遊郭設置を認めない」という事態になり、存続の危機を迎えましたが、表向きは「料理屋」として商売を続けることになります。
 そして時代が終戦後になると、大宮駅南側に広がった大宮南銀座(ナンギン)は飲み屋街として経済発展に伴う労働者達の需要を受け入れ、大いに発展します。そしてそれに呼応する形で、「北銀座」いわゆるキタギン呼ばれる地域も賑わうようになりました。この地は、売春営業の特例地域、いわゆる赤線として認められて、1950年代には約50軒程の店舗と200人余りの風俗嬢がいたといいます。売春防止法施行以降はソープランド営業が認められた地域として、数々のソープ店が建ち並ぶ現在の大宮ソープ街が形成されるようになりました。

大宮ソープの特徴

 大宮の北銀座(キタギン)では、現在約20軒のソープランドが営業しています。料金相場は総額1万円台から3万円台と、非常にリーズナブルな料金で遊べるお店ばかりとなっており、西川口と並ぶ埼玉屈指のソープ街として地元のファンに親しまれています。また最近は、コスプレや妹系に特化したソープなど、明確なコンセプトを掲げたお店が人気を集めており、県外から足を運ぶユーザーも多いエリアです。

大宮南銀座(ナンギン)

 大宮駅北側のソープ街を北銀座(キタギン)と呼ぶのに対し、大宮駅東口の南側一帯の飲食店街は「南銀座(ナンギン)」と呼ばれています。駅前から南へ延びる「南銀座通り」を中心として、大宮中央通り・旧中山道・線路に囲まれた、大宮区大門町1丁目、仲町1丁目、下町1丁目が区域に当たります。「南銀座」の名前は昭和28年ごろ、この地の出身であり、この地域の初代料飲組合長となった大宮市議会議員山崎嘉一が、当時の全国的な商店街の銀座命名ブームにあやかり地域の繁栄を願って名づけました。
 1945年(昭和20年)の敗戦以後は、東口一帯が商業地域として成長します。高度経済成長期以降の中心地としては、「西武百貨店」を皮切りに大型店が出店した駅北側の大宮銀座通りが主体となり、氷川神社参道から旧中山道に移行しました。
 1970年(昭和45年)になると、中央通り沿いの南銀座通り入り口付近にかけての大宮郵便局跡地に「高島屋」が開業します。駅南側は次第に百貨店街の“裏側”的な色合いが濃くなり、それまでの住民対象の商店街から、大宮競輪や百貨店の利用者、大宮という地名の由来となる武蔵の国一の宮の「大宮氷川神社」詣での帰り客などを対象とした、飲食店中心の繁華街へと姿を変えていきました。とくに歓楽街としてのイメージの定着は、当時マスコミでキャバレー太郎の異名をとった福富太郎によるキャバレー「大宮ハリウッド」が、東京銀座店に続いて大宮南銀座に開店したことがきっかけとされています。また他のキャバレーも追随し相次いでこの地に開店し、大宮南銀座がキャバレー全盛時代を迎えたころより、神奈川の川崎、千葉の船橋等と並んで「夜の街」としての埼玉大宮「南銀座」の名が広く知られるようになったのです。

大宮の人気スポット

 埼玉県内最大のターミナル駅、大宮駅周辺には、ソープランド以外にもたくさんの人気スポットがあります。
 まず紹介するのは、大宮の定番の観光名所「武蔵一宮 氷川神社」。観光客だけでなく地元民からも愛される神社です。埼玉や東京を中心に実在する、200以上もの氷川神社の総本山となっています。そんな氷川神社は、約2400年の歴史を持っており、長い間大宮の街を見守ってきました。特に、毎年初詣には地元や近隣県から多くの参拝客が訪れます。
 氷川神社を参拝する際は、境内にある『神池』という、神橋がかかるパワースポットに立ち寄りましょう。ここはかつて、見沼と呼ばれる広大な湖沼でした。今は面積が狭くなってしまいましたが、有名なスピリチュアリストが「龍神がいる」と語った場所として有名です。
 続いて紹介するのが「鉄道博物館」。大宮駅からニューシャトルに乗ってひと駅の場所に『鉄道博物館』があります。ここは、さまざまな種類の鉄道が展示されていたり、鉄道についての歴史が学べたりする、鉄道をテーマにしたミュージアムです。鉄道好きには必見のスポットであり、子供から大人まで大人気の観光名所です。 
 そして「大宮公園」。大宮駅から東武アーバンパークライン(旧野田線)で2駅の「大宮公園駅」から徒歩で5分ぐらいにある公園で、明治18年(1885)に造られた、埼玉県初の県営公園です。氷川神社の裏に広がる約35万平方mの広大な園内には、小動物園や児童遊園地のほか、大宮アルディージャのホームグラウンド「NACK5 スタジアム」や、埼玉県の高校野球の決勝が行われる「大宮県営球場」、体育館などスポーツ施設もあります。また、県内屈指の桜の名所でもあり、「日本さくら名所100選」にも選定されています。春には1000本もの桜が咲き誇り、多くの花見客で賑わいをみせています。

大宮ソープのまとめ

 埼玉県の2大エリア、「大宮」と「浦和」。某人気番組でも取り上げられるほどのライバル関係だった2つの地域に「与野」を加え合併し、政令指定都市になったのが「さいたま市」です。その後、「岩槻」も合併し現在に至りますが、「商業都市・大宮」と「文教都市・浦和」と呼ばれた流れは、今も続いており、繁華街&風俗街は大宮に集中しています。ソープ街がある「北銀座」は、赤線時代から続く歴史のある街で、今も約20軒のソープランドが営業しています。
 大宮は都内や千葉、神奈川だけではなく、栃木、群馬などの北関東エリアからもすぐに来れる交通アクセスの良さもあり、ソープではいろんなエリアから出勤している女の子が在籍しているのも特徴的です。「マンゾクネット」では、そんな魅力的な大宮のソープランドをご紹介していますので、お店選び&女の子探しに活用してください。


TOP