18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
288 店舗 | 17,065

川崎のソープ

神奈川の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗67
エリアを選択
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗67

体験!風俗リポート

マンゾク特派員による風俗体験談

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

川崎

ジャンル一発検索

川崎

プレイ一発検索

川崎

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

川崎のソープの検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除
川崎ソープクチコミキャンペーン

並べ替え: 標準 ランキング

67件中130件の風俗店を表示

67件中130件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 神奈川の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

川崎の業種から風俗を探す

川崎のジャンルから風俗を探す

川崎のプレイから風俗を探す


川崎ソープについて

神奈川県の北東部に位置する政令指定都市の川崎市には、首都圏エリアを代表するソープ街「川崎堀之内」と「川崎南町」があります。全国各地にソープ街と呼ばれる地域はたくさんありますが、川崎のようにひとつのエリアに2ヵ所ものソープ街が存在する地域は非常に珍しく、都心からも多摩川を越えてすぐとアクセスも便利なため、都内から足繁く通うソープユーザーも非常に多い人気の歓楽街です。
川崎にあるこれらのソープ街、堀之内と南町の最寄り駅は、JRもしくは京浜急行の川崎駅になります。品川駅、横浜駅に続いて日本では3番目に古い鉄道駅として開業した川崎駅には、JR東海道線、京浜東北線、南武線、京急本線、大師線などが乗り入れており、東京からも横浜からも近いため利便性は抜群のエリアです。
川崎ソープは、どちらも川崎駅から徒歩10分ほどの場所にあるため駅近というわけにはいきませんが、ソープランドでは川崎駅までの無料送迎サービスを行なってくれるお店も多いので、土地勘がない人でも利用しやすいのが特長です。また、川崎駅周辺には商店街や飲食店、大型商業施設、公営ギャンブル場などといったスポットも充実しているので、街を散策しながらソープを目指したり、予約までの時間潰しや遊んだあとに軽く一杯など、流れるように遊ぶことも可能な街となっています。


川崎ソープの最新情報

関東のソープといえば知名度的には吉原が有名ですが、女の子のレベルやサービス内容が非常に優れたお店が川崎には数多くあり、連日たくさんのソープファンで賑わっています。しかし、2020年に新型コロナウイルスの感染拡大を受け緊急事態宣言が神奈川県にも発令された際には、川崎ソープでもほとんどのお店が営業自粛や時短営業を余儀なくされ、一時期は客足も遠のく事態となりました。その後各店では、利用客への検温や消毒の徹底をはじめ、全従業員・キャストの体調管理やマスクの着用、店内の換気やソーシャルディスタンスを保つ配置替え、飛沫防止の抗菌シートや抗菌加湿器を設置するなどといった、徹底した感染対策と衛生管理に取り組みました。その結果、川崎ソープでは大規模なクラスターが発生するなどといった事態にはならず、全国的なコロナの収束に伴って、街全体が次第に活気を取り戻しつつあります。
残念ながらコロナ禍の影響を受けて閉店してしまったソープも何軒かはありますが、その跡地には新たなお店が新規オープンしたり、既存のお店が移転やリニューアルするなど、ここ数年で川崎ソープ街の様子は目まぐるしく変化しています。長年の歴史を持つ老舗や大手グループ店が建ち並ぶ一方で、素人系や人妻系、コスプレ系といった時代のニーズに合わせたコンセプト型のソープランドが数多く登場している点も、最近の川崎ソープの特長です。料金的には総額50,000円以上の高級店以外にも、10,000円ほどで遊べる激安店から25,000円未満で遊べる格安店が多くを占めており、リーズナブルに遊べるソープが川崎にはたくさんあります。しかし、格安店でも長時間のコースが設定されており、高級店さながらの遊び方もできたり、一方の高級店でもショートコースが設定されていて、お手ごろ価格で利用することができたりと、ユーザーの懐事情に合わせた楽しみ方ができるのも川崎ソープの魅力です。


川崎堀之内のソープ

川崎エリアでは堀之内の方が面積が広いこともあり、ソープの件数は南町よりも多い傾向にあります。堀之内は、関東では吉原に次ぐ泡街(ソープエリア)として知られる街であり、神奈川県川崎市川崎区堀之内町に位置します。
JR川崎駅からは、改札口を背にした右側(時計台方向)の東口から銀柳街へ進んだ先を左手、京急川崎駅方面に向かって進んでいきます。京急川崎駅を超えたら左手に進み、川崎競馬場を目指すような形で進んでいくと川崎堀之内のソープ街に入れます。ほとんどのお店が徒歩10分圏内の距離にあるので歩いて行ける範囲ですが、お店によっては無料送迎やタクシー代を一部負担してくれるサービス等もあるので、それらを利用するのもオススメです。
堀之内は都心をはじめ多方面からのアクセスが良いため、各地からレベルの高いコンパニオンが数多く集まりやすいエリアです。未経験の若い子から人妻熟女まで、いろんなタイプの女の子がそろっているので、好みのタイプを見つけやすいのが特長です。また、一時期に比べると悪質な路上でのポン引きの姿はだいぶ減ったので、各店を巡って写真見学をしながら女の子を選ぶといった遊び方も可能です。


川崎堀之内の歴史

川崎堀之内の色街としての歴史は江戸時代に遡ります。当時、多摩川を渡る手前の宿場町として栄えていたこの一帯は川崎宿と呼ばれ、給仕をしながら夜のお供もする飯盛女という私娼によって性産業も発展していきました。しかし明治時代になると、これらの売春宿は風紀上の理由から南町へまとめて移転し、遊郭へと発展することになります。一方の堀之内は、一部残った宿と私娼を中心に花街へと姿を変え、川崎には2つの色街が誕生することになりました。
その後、太平洋戦争の川崎空襲によって一時は消失してしまいますが、戦後は青線地帯として特殊飲食店を中心に復興を果たします。その後、国営競馬場が建設されたり、多くの工場が建設され工業都市として発展するとともに、川崎には労働者が数多く流入し、トルコ街、そしてソープ街として発展していったのです。ちなみに、その際、沖縄からの女工さんが多く移住してきたこともあり、今でも川崎堀之内では沖縄がルーツのお祭りが開催されていたりします。


技の堀之内

ソープの代名詞的なサービスのひとつとして挙げられるものに、泡踊りという技があります。これは女性が全身に泡を付けて体を洗うサービスとして、今では全国的に知られていますが、これの発祥が川崎堀之内のソープ(当時はトルコ)であったと言われています。そのほかにも様々なソープテクニックのルーツが川崎堀之内にはあり、これが技の堀之内と呼ばれる所以となっています。
近年では素人系をウリにしたお店や、恋人ムードをテーマにしたソープも増えていますが、川崎堀之内では技術やお仕事内容を特に重視しているお店が多いのが特長です。堀之内を訪れるソープユーザーもそれらを求めていることからも、今の時代も技の堀之内の異名は変わることなくこの地に生き続けています。


川崎南町のソープ

川崎南町は堀之内の南に位置する、川崎のもう1つのソープ街です。JR川崎駅の東口を出て、銀柳街を見て右手に位置し、住所では神奈川県川崎市川崎区南町の一区画を指します。川崎駅から南町へ向かう途中には、ライブハウスのクラブチッタや複合商業施設のラチッタデッラがあり、ソープ街の周辺はすぐに住宅街となっているのが特徴です。昔は南町一帯に多くのソープランドがありましたが、今は南町の北側が中心です。県道101号線を国道15号線方面へ向かい、小土呂橋交差点の先、右手側がソープ街となっています。
ちなみに、街の名前としての正式名称は「みなみまち」です。しかし、一般には「みなみちょう」と言われており、こちらの読みで使われることが多く、ソープ界隈でも一般的に「みなみちょう」で呼称されています。川崎南町のソープは、今では数は大分減ってしまったものの、高級感溢れるサービスを提供してくれるお店が多く、堀之内とは違った楽しみ方ができる泡街です。


川崎南町の歴史

今では川崎堀之内の方がソープの店舗数が多く有名ですが、戦後すぐの時代の川崎堀之内は青線地帯(非合法)だったのに対し、川崎南町は遊郭があり、赤線地帯と呼ばれる場所でした。江戸時代の川崎宿にあった女郎屋が移転し、一箇所に集められてできあがったのが川崎南町のルーツになります。当時は値段も堀之内よりは高めに設定されていたようです。その名残でしょうか、川崎南町のソープは川崎堀之内のお店に比べると、部屋が広めになっていることや、高級店の比率が多い傾向があります。
川崎南町は元々遊郭だったということもあり、他の遊郭跡と同様、昔は大門があり幅が広い通りの両側にお店が並んでいる形でした。最盛期には20軒ほどの貸座敷が営業していましたが、第二次世界大戦の空襲によって川崎南町から遊郭は一時姿を消します。戦後はカフェーを中心とした赤線として復興し、売春防止法の施行後には北側にはソープ(トルコ)のお店ができ、南側はちょんの間ができていき、現在の姿に似通った形になっていきました。
元々青線であった川崎堀之内には競馬場ができたことから、競馬帰りのお客さんが流れていったようです。一方、東芝の工場が近くにあった川崎南町には、地元の工場で働くの社員の方が主に利用していたそうです。
大門のあった場所や親不幸通りと呼ばれた場所など、かつて赤線地帯であった南町を散策してみてはいかがでしょうか。昔はここを遊女が歩いていたのかなぁなど風情に浸るもよし。風俗好きなら吉原や横浜といった遊郭跡との姿の違いを見比べてみるのも面白いです。


川崎ソープ以外の風俗

川崎には2つのソープ街があり、そこに注目されがちですが、実はソープ以外にもいろんな風俗店があるのも特徴です。川崎南町にはソープのほかに都内では姿をほとんど見なくなった店舗型ヘルスがあります。また、JR川崎駅から見て銀柳街の先、ちょうど堀之内と南町の間にあたる区画にはピンクサロンが集中しています。ラブホテルも各所にあるのでデリヘルも利用しやすいエリアです。そのほかにもストリップが楽しめる川崎ロック座、キャバクラやメンズエステなどもあり、川崎はソープ以外にもいろんな夜の遊び方ができる街と言えます。電車面でのアクセスが良いのは先述した通りですが、品川から伸びている国道15号線のほか、首都高速の出口も近いので車でのアクセスもよく、駐車場も多いので非常に遊びやすい立地です。さらに上記の通り、いろんな風俗店があるため、多種多様な遊び方ができると言えます。ソープはもちろんですが、ヘルスやピンクサロン、デリヘルなどを業種をハシゴして遊ぶなんて贅沢な遊び方も川崎では可能なのです。


川崎ソープ街の特徴

川崎の北側は多摩川が流れており、東京都と神奈川との県境です。一方南側は横浜と隣接しており、東西に長いのが川崎市の特徴です。現住の方たちの間では、ここで扱っている川崎駅周辺は海側と呼ばれています。一方、溝の口あたりは山側と称されています。電車では西南北から人の流入があるので、神奈川県では川崎は横浜に次ぐ繁華街としても有名です。また、国道15号線、国道1号線、首都高速と車でのアクセスも抜群です。ちなみに、地元の人たちの間では、国道1号線のことを2国。国道15号線のことを1国と呼ぶそうです。これは海側から数えた時に、国道15号線(第一京浜)、国道1号線(第二京浜)となっていることが由来です。もっとも山側を走る第三京浜は高速道路としてあり、横浜から二子玉川をつないでいます。
川崎駅西口側にはラゾーナなどがありますが、ソープをはじめとした風俗で遊ぶならばメインは東側でしょう。東口を出て正面にあるバスロータリーの先にある銀柳街には、いろんなお店が軒を連ねており、ここを中心に動くと遊びやすいです。


川崎ソープのまとめ

川崎は神奈川県で横浜に次ぐ大都市であり、東京都からもアクセスしやすい好立地です。そのため全国各地からいろんな人が集まり、風俗も発展していった街です。特に「川崎堀之内」と「川崎南町」という2つのソープ街を擁する街は全国でもここだけです。それぞれのエリアの特徴だけでなく、激安店から高級店まであり、さまざまなサービスを楽しめるのが川崎ソープの魅力です。どんな好みでも自分にあったお店や泡姫を川崎では見つけられるはずです。
ぜひランキングなども参考にしていただいて、「マンゾクネットを見た!」とお電話してみてください。「体験!風俗リポート」「口コミ」「マンゾクVR」「エロ写」「写メ日記」などもチェックすることで、さらに川崎ソープの女の子の雰囲気と魅力が分かると思います。そして実際に川崎ソープ遊ばれましたら『マンゾクネット』に無料会員登録をしていただいて、風俗体験レビュー「口コミマンゾク」への投稿をお願いします。


TOP