18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
137 店舗 | 5,917

すすきの・札幌のソープ

北海道の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗29
エリアを選択
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗29

投稿!みんなの体験談

VR

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

すすきの・札幌

ジャンル一発検索

すすきの・札幌

プレイ一発検索

すすきの・札幌


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

すすきの・札幌のソープの検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

29件中129件の風俗店を表示

29件中129件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 北海道の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

すすきの・札幌の業種から風俗を探す

すすきの・札幌のジャンルから風俗を探す

すすきの・札幌のプレイから風俗を探す


すすきのソープの特徴

 北海道札幌市中央区にある繁華街すすきのは、東京の歌舞伎町と福岡の中洲と合わせて、日本三大歓楽街として有名なエリアです。ソープやヘルスといった風俗から、キャバクラ、ニュークラブなどの飲み屋に、ラーメン、ジンギスカン、スープカレーといった北海道グルメのお店が碁盤の目状の街並みに集中しており、観光客が気軽に散策できる人気スポットです。最近ではインバウンドの増加の影響もあり、ヒゲのおじさんでおなじみの「ニッカウヰスキー」の看板がある交差点(南4西3)を中心に、連日多くの観光客で賑わっています。
 すすきのソープの料金相場は、総額1~3万円と非常にリーズナブルで、全国的には大衆店の料金区分になるお店でもすすきのでは高級ソープに分類されます。そのため、お手ごろな価格で非常に質の高いサービスを味わうことができます。なかには1万円でお釣りがくるほどの激安店もあり、全国のソープファンが憧れる泡の聖地として有名です。
 また、すすきのソープの特色として、飲食店やヘルス等他業種の風俗が混在するビルに入居しているお店が多くあります。そのため、ソープ初心者でも敷居の高さを気にせずに気軽に足を運ぶことができ、寒い日でもビルを移動せずにそのまま別フロアの飲食店等にハシゴをするといった遊び方も可能です。なかには早朝からの営業を行っているソープや、90分以上のロングコースを設定しているソープもあるので、予算とニーズに合わせたお風呂遊びを堪能することができます。
 すすきのでは現在、30数軒のソープが営業しています。ちなみに、札幌すすきの以外の北海道のエリアでは、釧路、小樽、旭川、函館で、現在それぞれ1軒ずつのソープランドが営業しています。

すすきのソープの歩き方

 札幌の街並みは、碁盤の目状になっているのが特徴です。東西の道を北から北1条、北2条と呼び、南北の道を東から東1丁目、東2丁目と呼び、住所もそのまま表記します。初めて訪れる旅行者には分かりにくいかもしれませんが、単純なシステムなので、一度街を歩けば通りの名前を見るだけである程度の位置関係が頭に浮かび非常に便利です。ちなみにすすきののソープランドのあるエリアは、南4~6条、西4~6丁目辺りになります。
 ここでは、すすきののソープがある主な通りの特徴を紹介します。

・ライラック通り
すすきのの玄関口である地下鉄すすきのの駅から徒歩1分。すすきのを代表するソープランドの多くが集中するエリアが「ライラック通り」です。すすきのの名物とも言える諭吉さん1枚程度で遊べる“コンビニソープ”から、総額2~3万円でゴージャスなひとときを過ごせる高級店まで、個性豊かなソープランドがそろっています。

・すすきの通り
メインストリートの裏にあり、ソープをはじめヘルスからメンズエステまで、幅広い形態の風俗店が数多く集まる男たちのワンダーランドが「すすきの通り」です。すすきのの古き良き伝統を今に受け継ぐ老舗から、10代のギャル系泡姫が多く在籍するフレッシュなお店まで、最も多くのソープランドが集まる人気エリアです。

・南6条南中通り
かつては国内最大級のソープランドが建ち並ぶなど、すすきのソープ黄金期の一翼を担った「南6条通り」界隈。現在は南6条通り沿いと南中通りに数軒のソープが残るのみですが、どれも個性的な名店ばかりです。繁華街の中心部からは少し外れにあるので、往来の目が気になる人には特におすすめのエリアです。

・すすきの新宿通り
南5条と南6条の間にある非常に細い裏通り「すすきの新宿通り」。ジンギスカンの名店「だるま本店」や北海道のご当地コンビニ「セイコーマート」から、キャバクラやニュークラブ、スナックなどが入ったビルが多い通りですが、ソープランドが2軒入ったビルもある穴場のエリアです。

・すすきの5条メイプル通り
居酒屋やカラオケ、ボーリング場から、ソープや飲み屋が入ったビルまでが建ち並び、夜になると多くの人で賑わう「すすきの5条メイプル通り」。駅前通りの交差点界隈は、キャッチによる客引きが多いエリアとしても有名なので注意しましょう。夜遊びスポットの無料案内所「クラブマンゾクすすきの」もこの通りに面しており、VR動画の視聴も完全無料で体験できます。

すすきのソープの歴史

 すすきの風俗の起源は、明治4年に北海道開拓使が現在の南4・5条、西3・4丁目付近の区画を「薄野遊郭」と命名し、明治末頃まで遊郭地帯として定めたことから始まります。その後は札幌市の発展に伴い、料亭やカフェ、映画館などが軒をつらねる盛り場として、また戦後になるとキャバレーやダンスホールといった施設も誕生し非常ににぎわいを見せました。その当時のすすきのでは、非合法の売春地帯である赤線や青線といった夜の顔も持ち合わせており、昭和31年に売春防止法が制定されるまでそれらの営業は続いていました。
 昭和27年、実は吉原よりも早くすすきので第一号のトルコ風呂「ススキノトルコセンター」がオープンすることとなり、時代は大きく変わります。昭和34年には2軒目として「源氏」が誕生、ここから徐々にトルコ風呂の出店は勢いを増していきました。昭和48年には27店舗、さらに昭和50年には55店舗と増え続け、昭和58年には最大で93店舗まで膨れ上がりました。
 昭和59年、全国からの公募によってトルコ風呂からソープランドへ名称が変更され、平成景気、バブル経済がスタートするころになると、すすきののソープ界は全盛期を迎えます。当時の高級店「沙羅」のオープン時には、羽田から飛行機一機チャーターし、パークホテルを一棟借り切るという、今の常識では考えられないほど豪華なセレモニーが行われました。また、「梵天」という高級店には、入口へ続く階段の脇に一体250万円以上はする超高級仏像が100体以上並ぶという、壮観すぎる門構えの場所があったといいます。
 まさに贅を極め、日本中の男が憧れる楽園となったすすきののソープ街ですが、店舗の乱立やバブル景気の崩壊、そして度重なる規制や条例の強化の影響によって、2000年代には最盛期の半分以下の店舗数へと落ち着きました。また、ライバルとなるヘルスやデリヘルといった業種がすすきのを席巻し始めると、その価格競争の流れによって、すすきのソープは高級志向から激安化が主流となりました。全国に先駆けて、総額1万円台から遊べる「コンビニソープ」という激安ブームを巻き起こしたすすきのは、安くて可愛い美女と遊べる泡街として広く認知され、今でも多くのソープファンが足を運ぶ北の楽園として親しまれています。

すすきのソープのまとめ

 北日本屈指の歓楽街・すすきのを代表する風俗は、いつの時代もソープランドです。全国的に見ても非常にリーズナブルで、色白で気立てのいいハイレベルな道産子美女が多く、なかには10代の泡姫が在籍するお店もあるすすきのソープは、連日多くの観光客や出張客で賑わっています。すすきのは、全国の繁華街のなかでも特に治安が良いことで有名なエリアなため、ふらりと散策をしながらお店を探すのもアリですが、やはり絶対に失敗しないお店選びのためには、事前に「マンゾクネット」で目星をつけておくことをオススメします。
 絞り込み検索で予算に合ったお店を探したり、ランキング上位のお店&女の子をチェックしたり、マンゾクオリジナルコンテンツの「エロ写」や「VR動画」で気になる泡姫を見つけたりと、すすきのソープを徹底攻略するためのツールとして、ぜひ「マンゾクネット」をご活用ください。すすきのには、入会金・年会費無料でその日からすぐポイントを貯めて使える「MCポイント」加盟店のソープランドも多くあるので、上手に活用してお得な風俗ライフをエンジョイしましょう♪


TOP