18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
8 店舗 | 304

雄琴のソープ

滋賀の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗8
エリアを選択
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗8

地域一発検索

業種一発検索

雄琴

ジャンル一発検索

雄琴

プレイ一発検索

雄琴

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

雄琴のソープの検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

8件中18件の風俗店を表示

8件中18件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 滋賀の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

雄琴の業種から風俗を探す

雄琴のジャンルから風俗を探す

雄琴のプレイから風俗を探す


雄琴ソープについて

 雄琴は日本三大ソープ街の1つで、住所では滋賀県大津市苗鹿になり、滋賀県にある琵琶湖の南西に位置します。近くには「おごと温泉」がありますが、しっかりと隔離されており、温泉街とソープ街は別物といった感じです。全国に温泉街とソープが一緒にある例は少なくありませんが、雄琴は泡街がしっかりと隔離されており、他の温泉街とソープの組み合わせとは少し違った印象を持たれることでしょう。滋賀県大津市苗鹿は、以前は雄琴村としてあった場所ですが、1951年に大津市に編入することにより廃止されています。
 JR湖西線の「比叡山坂本駅」と「おごと温泉駅」のほぼ中間に位置しており、国道161号線から琵琶湖の間、3本のストリートに30店舗以上のソープが密集しています。主なストリートは京都側から見て、川筋通り、ゴールデンゲート、シルクロードの3本です。この3エリアは、国道161号線から入るとどこにも抜けられません。つまり、ここを通るということは、100%ソープ目当ての人ということになります。駐車場が併設されている店舗も多く、車で遊びに行くことも可能です。
料金は神戸のソープ街・福原よりは若干安めとなっています。それでも総額20,000円未満のお店から50,000円以上の高級店までそろっています。また、日本三大ソープと謳われるほどに有名な、超高級ソープも擁しており、ソープファンにとって雄琴は憧れの聖地として知られています。
 琵琶湖というとアクセスが悪いように思われそうですが、京都駅からは電車で20分ほど。大阪市内からでも車で約1時間。名古屋からは約1時間40分と、大都市からも日帰りで遊びに行けるくらいの距離です。
 またほとんどのお店ではJR湖西線の比叡山坂本駅とおごと温泉駅からの送迎サービスも行なっています。雄琴は、電車でも車でも気軽にアクセスできる遊びやすいソープ街です。

雄琴ソープ街の歴史

 雄琴ソープの歴史の前に、背後に比叡山がそびえる雄琴温泉の歴史に触れていきましょう。
 雄琴温泉の歴史は非常に古く、比叡山延暦寺の開祖である最澄によって、1200年前に発見されたという説があります。琵琶湖付近の地下水は濁っていることが多いらしいのですが、雄琴西方からの地下水は飲料用にも使用されるほど良質なものでした。
 最澄が雄琴温泉を発見したのは1200年前ですが、実際に温泉開発が進んだのは大正時代と言われています。
 そんな雄琴でソープのお店ができたのは1971年、「花影」というトルコ風呂のお店が1号店といわれています。全国にあるソープ街のほとんどは、昔は遊郭だったという歴史背景がありますが、雄琴は元々はただの田園地帯だったという、ソープ街にしては珍しいケースの泡街です。
 その後は続々とお店がオープンしていきます。ちょうど高度経済成長のタイミングでもあり、自家用車を持つ人が増えて、多少のアクセス難はものともしませんでした。同じころ、京都府ではトルコ風呂が禁止されたことから、隣接する滋賀県雄琴に大量流入したとみられています。
 そのため、一時期は雄琴=歓楽温泉としてのイメージが強くなりすぎたためか、宿泊施設などが減少しました。しかし、宿泊施設の経営者が一念発起。雄琴=温泉街のイメージが強化されていき、現在の形へとなっていったのです。

雄琴で遊べる他の風俗

 雄琴は泡街ということもあり、ほとんどのお店がソープですが、店舗型ヘルスが1店舗あります。もちろん料金はソープより低価格なので、コスパよく遊ぶことが可能です。
 一方、おごと温泉付近にはデリヘルもあるので、シティホテルなどに宿泊して、宿泊施設に女の子を呼ぶことも可能です。呼べる施設は限られていますので、お店に電話をして確認するのがおすすめです。
 このようにソープ以外の風俗もありますが、雄琴エリアの風俗は9割がソープになっています。泡街の非現実感も含め楽しめる雄琴のソープ街を、ぜひ楽しんでください。

雄琴ソープ街の特徴

 雄琴の街で風俗以外の特徴といえば、やはり温泉街と琵琶湖でしょう。
温泉街は平仮名での表記で「おごと温泉」となっています。駅も同様に平仮名になっているのですが、これは先述の雄琴=歓楽温泉というイメージからの脱却のためといわれています。
 近年、各旅館経営者の努力によって着実に宿泊客が増えている温泉街です。2011年には大津市立おごと温泉観光公園がオープンし、無料で楽しめる足湯をはじめ、公園内にはカフェもあります。また有料で自転車の貸し出しも行なっており、サイクリングも楽しめるため、観光地としてもより一層活気付いていっています。
 日本で最大の面積と貯水量を誇る琵琶湖では、クルージングも行なっています。雄琴のソープで遊ぶ前後に、琵琶湖を堪能しておくこともおすすめします。

雄琴の名所

 琵琶湖と温泉街という、ソープ街にしては他に類を見ないほど周りの環境に恵まれている雄琴。ソープで遊ぶだけでなく、寄っておきたいスポットをご紹介します。

・おごと温泉
 やはり欠かせないのはおごと温泉です。1200年の歴史という由緒ある温泉に浸かりながら眺める琵琶湖は絶景のひと言。いろんな温泉を巡ってみるのもおすすめです。

・琵琶湖
 温泉と一緒に欠かせないのが琵琶湖です。「ぐるっとびわ湖島巡り」は、じっくりと琵琶湖を楽しめる観光クルージングです。おごと温泉から出発し、夕暮れ時には戻ってくるので、その後はソープヘ行って、さらに温泉で疲れを癒すといった贅沢な遊び方もできちゃいます。

・比叡山延暦寺
 おごと温泉からは車で約30分。世界遺産にも登録されている比叡山延暦寺です。滋賀県と京都府の間にある比叡山は「神が鎮座する山」、「信仰の山」として有名なスポットです。パワースポットでもあり、歴史に触れるという意味でも温泉やソープの楽しみ方も変わってくるはずです。

・ピエリ守山
 温泉巡りだけではなく、ショッピングを楽しみたい方におすすめなのが「ピエリ守山」です。琵琶湖を眺められるイートインスペースや、空中アスレチックなどもあります。じっくりと遊びたい時や、ちょっとした休憩に使う場所としてもおすすめです。

・西教寺
 比叡山延暦寺に続き、歴史スポットを巡りたいならぜひルートに入れてほしいのが、聖徳太子が創建した寺院「西教寺」です。春は比叡山に向かって桜の参道が伸びていき、秋は紅葉が楽しめます。門から見える琵琶湖も絶景の1つなので、ぜひ訪れてみてください。

雄琴ソープのまとめ

 日本三大ソープ街の1つである雄琴。温泉街の中にソープがあるという組み合わせは数あれど、温泉街と泡街という珍しい組み合わせであることがお分かりいただけたかと思います。
 日本最大の面積と貯水量を誇る琵琶湖を筆頭に、世界遺産に登録されている比叡山延暦寺、聖徳太子が創建した西教寺など、観光スポットも満載です。ただソープ街で遊ぶだけでなく、そういった観光スポットを巡って歴史に触れてみたり、琵琶湖クルージングで日本最大の湖を体感してみたり、温泉から琵琶湖の景色を眺めて日頃の疲れを癒すなど、いろんな楽しみ方ができるのが、雄琴ソープ街の魅力の1つでもあります。
 一方で、泡街としてのクオリティは、日本三大ソープ街と称されていることからも明白でしょう。狭い地域に30店舗以上ものお店が軒を連ね、日々切磋琢磨している環境なので、しっかりと事前調査をして自分好みのお店を選べば、マンゾクできる大人の夜遊びができるはずです。
 電車でのアクセスも良いので、京都や大阪、名古屋へ観光に行く際にも立ち寄れる場所となっています。
 目的のお店を探すなら、ぜひランキングなども参考にしていただいて、「マンゾクネットを見た!」とお電話してみてください。「マンゾクVR」「エロ写」「写メ日記」なども見て頂くと、さらに雄琴ソープの女の子の雰囲気が分かると思います。


TOP