7,175 店舗 | 109,922

全国ソープランド情報|ソープマンゾク

全国の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
湯喜

今すぐ泡姫

2019年9月23日 21:32 現在 今すぐ遊べる女の子が沢山!

ソープ関連ムック本

MCポイント加盟ソープランド

割引情報

最新ソープ動画@MAN-TUBE

病院の風俗動画
美少女系の顔立ちにスレンダーボディ!病院【すすきの/札幌/ソープランド】
 

VRソープ動画-マンゾクVR-

もっと見る

MAN-ZOKUオリジナルグラビア

お店 最新情報

ソープをお探しなら「ソープマンゾク」

数ある風俗業種の中で「風俗の王様」と呼ばれている「ソープランド」。「ソープ街」としてよく耳にするのは、「日本一の泡街」と称される「吉原」が代表的だが、日本各地にソープ街はあり、有名なところでいうと、北海道は札幌の「ススキノ」、秋田県秋田市の「川反」、宮城県仙台市の「国分町」、福島県いわき市の「小名浜」、茨城県水戸市の「天王町」、茨城県土浦市の「桜町」、栃木県宇都宮市の「江野町」、埼玉県さいたま市の「大宮北銀座」、埼玉県川口市の「西川口」、東京都内だと「池袋」、「歌舞伎町」、千葉県千葉市の「栄町」、神奈川県川崎市の「堀之内」、「南町」、神奈川県横浜市の「福富町」、新潟県新潟市の「古町」、石川県加賀市の「片山津温泉」、「山中温泉」、山梨県甲府市の「裏春日」、愛知県名古屋市の「大門」、岐阜県岐阜市の「金津園」、滋賀県大津市の「雄琴」、和歌山県和歌山市の「ぶらくり丁」、兵庫県神戸市の「福原」、鳥取県米子市の「皆生温泉」、広島県福山市の「松浜町」、広島県広島市の「薬研堀・弥生町」、山口県下関市の「竹崎町」、香川県高松市の「八重垣新地」、徳島県徳島市の「秋田町」、愛媛県松山市の「道後温泉」、高知県高知市の「堺町」、福岡県福岡市の「中洲南新地」、福岡県北九州市の「船頭町」、佐賀県武雄市の「武雄温泉」、佐賀県嬉野市の「嬉野温泉」、熊本県熊本市の「中央街下通」、宮崎県宮崎市の「上野町・橘通西」、鹿児島県鹿児島市の「甲突町」、沖縄県那覇市の「辻」が有名で、上記以外のエリアにも点在しており、2017年の時点では1217軒のお店が営業している。

「吉原」や「すすきの」、「福原」などは、過去に遊廓として有名だったこともあり、遊廓時代から続く、歴史ある職業と言われることもある。歴史を遡ると、そもそも古代から女性による接客はあり、諸説あるが、神社の巫女による官人の接待が起源とも言われている。神社などの参詣で遠方から訪れる観光客向けに宿場町が作られ、そこに接待する遊女が置かれたと考えられている。平安時代になると「大阪湾」などの港や宿場など、遊女が多く集まるエリアができた。当時の遊女は完全に自由業であり、特定の場所で営業することもなく、自分でお客をとっていた。しかし、室町時代に入ると税金を徴収するようになり、「傾城局」が設置され、制度のもとに営業するようになっていく。

 そして、遊女が集められ「遊廓」というモノが形成されるようになったのは戦国時代。豊臣秀吉が全国統一した時代に作られた。ちなみに最初の遊廓は「道頓堀川」北岸にできたという説と「柳原遊廓」という説など諸説ある。そして「江戸」に遊廓が誕生したのは1612年。「駿府(現在の静岡市)」にあった遊廓を「日本橋」付近に移したのだ。これが現在、日本一のソープ街と呼ばれる「吉原遊廓」の誕生である。日本橋の「吉原遊廓」は、「明暦の大火」で焼失し、浅草山谷付近に仮移設したのち、現在の「吉原」エリアへと移転することになる。ちなみに消失前を「元吉原」、移転して現在まで続いているのを「新吉原」と言うこともある。「新吉原」の頃には、300軒以上の遊女屋があったと言われ、日本最大の遊廓として賑わった。

近代に入ると、火災や空襲、都市開発などにより、遊廓は姿を消していった。その遊廓の流れを汲むエリア以外にも、宿場町だった「歌舞伎町」、「金津園」、赤線地帯だった「川崎南町」、「松浜町」、青線地帯だった「川崎堀之内」など、歴史あるソープ街が多い。その中で、滋賀県大津市にある「雄琴」は、1971年、雄琴温泉から南に500メートル地帯の、民家さえ無い田んぼの中(苗鹿3丁目)に突然出来てソープ街が形成されたという、一風変わったエリアとしても知られている。

 「ソープランド」は、その名前で呼ばれるようになる前は、「トルコ風呂」と呼ばれており、古くは、1932年に発表された横光利一の小説『上海』に「トルコ風呂」についての記述がある。女性がマッサージをする蒸し風呂が当時の上海にあり、日本でも知られていた。もともと中東地域の伝統的な公衆浴場(ハマム)は蒸し風呂(スチーム・サウナ)で、中では垢すりのサービスが行われていたので、これが20世紀初頭まで中東随一の大国であったトルコの名前で日本に紹介されたものとみられる。女性がマッサージを行う個室浴場の店舗としての「トルコ風呂」が日本で初めて誕生したのは、1951年4月1日に東京都中央区東銀座に開店した東京温泉である。その後は性風俗の過激化が進み、1953年には都内で20軒、全国70軒に拡大し、「スペシャルサービス(おスペ)」と呼ばれるサービスが売り物になり、ミス・トルコの呼び名も広がっていく。1958年に売春防止法が施行され、赤線廃止に伴い赤線女性がトルコ風呂に流入し、都内33軒、全国100軒を超えるようになり、1984年にトルコ人留学生が当時の厚生省に名称変更を訴え出た事が発端となって「東京都特殊浴場協会」が「トルコ風呂」に代わる名称を公募し、「ソープランド」と改称されることになり、現在に至っている。

「ソープランド」の歴史の次は、「ソープランド」での遊び方をご紹介。まず大事なのは、お店選び。北は北海道から南は沖縄まで、各地にソープランドはあるので、まずは遊びに良くエリアを決めよう。ちなみに、マンゾクネットでは、全国各地のソープランドをエリアごとに紹介しているぞ。

エリアの次は価格帯。ソープランドは、1万円以下の激安店から10万円前後の超高級店まで、いろんな料金帯のお店があるので、まずは予算を決めておく必要がある。予算内で遊べるカテゴリーが決まったら、遊びに行くお店を決めよう。今は色んなコンセプトを打ち出しているお店があり、素人系、お仕事系、人妻系、コスプレ系などがあるぞ。ジャンルで決めるのが難しいようなら、泡姫から選ぶのもありだ。マンゾクネットでは、「グラビア」、「写メ日記」、「VR動画」などで泡姫をじっくりとチェックすることができるので、好みのコを発見して決めるのもオススメだ。「吉原」などでは、遊びに行く際、最寄駅まで無料送迎サービスがあったりするので、それらのシステムも事前に確認してから遊びに行こう。


TOP