18歳未満立ち入り禁止
当サイトはアダルトコンテンツを含むため
18歳未満の御利用は固くお断り致します。
62 店舗 | 3,198

水戸の風俗

茨城の風俗情報

金津園ソープ特選優良店
対象店舗27
エリアを選択
業種を選択
予算を選択
こだわり検索
プレイを選択
対象店舗27

人気業種から探す

地域一発検索

業種一発検索

水戸

ジャンル一発検索

水戸

プレイ一発検索

水戸

他県のエリア検索


閉じる
詳細検索
エリア
業種
予算
こだわり
プレイ
現在の検索結果

水戸の風俗の検索結果

検索条件の変更 検索条件を解除

並べ替え: 標準 ランキング

27件中127件の風俗店を表示

27件中127件の風俗店を表示

ユカイネット女性求人情報 茨城の風俗求人はこちら

地域から風俗を探す

水戸の業種から風俗を探す

水戸のジャンルから風俗を探す

水戸のプレイから風俗を探す


水戸の特徴

 北関東有数の風俗街がある茨城県水戸市は、茨城県中部の県央地域に位置する県庁所在地で、施行時特例市です。水戸徳川家所縁の地として、水戸黄門(徳川光圀)や偕楽園が有名な歴史ある地域です。毎年2月には水戸の梅まつり、8月には水戸黄門まつり、9月には水戸萩まつりが開催されています。また明治時代以降は納豆の生産が盛んになり、「水戸納豆」として親しまれ、納豆にちなんだ料理やお土産の販売、納豆早食い世界大会も開かれています。

水戸風俗の遊び方

 水戸の風俗は、ソープ、ヘルス、デリヘル、ピンサロ、エステなど数多くあります。ソープ、ヘルスなどの店舗型風俗は、水戸駅北口を出て車で10分ほど行ったところの「天王町」という風俗エリアに密集しいます。一方、派遣型風俗のデリヘルは、水戸駅南口近くにあるホテル街を利用するお客さんが多いです。

水戸のソープ

 水戸にあるソープは10数軒で、そのうちのほとんどは風俗店が密集している「天王町」にあり、1軒が「那珂川」の近くで営業しています。水戸で長年営業している老舗から、全国展開している風俗グループ店など、いろんなタイプのお店が営業しています。1つの建物に1店舗というだけではなく、1つの建物の中にあらゆる風俗店が数店舗入っているというビルもあります。価格的には、総額1?2万円台で楽しめる格安ソープが中心となっております。

水戸のヘルス

 水戸のヘルスも、ソープと同様に風俗街の天王町にあり、老舗からグループ店など約10数軒が営業しています。素人系、マットヘルス、巨乳系、人妻系など、独自のコンセプトを持つ風俗店が多いのが特徴です。最近は全国展開している大手風俗グループ専門のビルが水戸エリアに続々と誕生し、風俗ファンからの注目を集めています。即尺のお店、ナース、学園系、巨乳系、OL系、CA、マットヘルス、素人系と、それぞれコンセプトが異なる風俗店がそろっており、人気を博しています。料金的にも30分6,900円から楽しめるお店があったりと、水戸にはリーズナブルに楽しめる風俗がそろっているのが魅力です。

水戸名物といえば納豆

 風俗ファンなら水戸の名物はヌルヌルローションのマットプレイですが、一般的に水戸の名物といえば納豆を思い浮かべる人が多いと思います。
 茨城県はもともと、農家などで納豆づくりが盛んな地域でした。しかし、水戸納豆の名前が知られるようになったのは意外に新しく、明治になってからです。かつて納豆が江戸に出回っていたことを本で知った水戸の笹沼清左右衛門という人物が、納豆を水戸の名物にしようと製造に乗り出したのがきっかけでした。最初は水戸駅前の広場で売られていましたが、やがてホームでおみやげとして売られるようになると、汽車の窓から奪い合うほどの人気が出たということです。
 現在人気なのは、創業から100余年。時代を超えて愛され続ける納豆の名店「水戸元祖天狗納豆」です。製品の味や仕上がりに関係する部分は全て手作業で行っており、ふっくらとした納豆に仕上がっています。
 続いて「だるま納豆」。「だるま納豆」の特徴は「水戸納豆カレー」や「わらチョコ納豆」「納豆ドーナツ」など、納豆の色々な食べ方を提案していることです。商品の種類が多く、「納豆ジェラート」など驚く商品もあります。水戸のお土産といえばだるま納豆と言えるほど、だるま納豆は多くの観光客に人気があります。
 水戸の風俗で遊ぶ前に納豆を食べるのは控えた方がいいかもしれませんが、風俗帰りのおみやげには、水戸名物の納豆がオススメです。

水戸グルメのスタミナラーメン

 納豆以外にも、水戸のグルメで有名なのが「スタミナラーメン」です。水戸風俗で遊ぶ前の、腹ごしらえとスタミナ補給にもオススメです。キャベツ・人参・かぼちゃ・味付けレバー(店によってはホルモン・白菜・ニラなど)による具で構成された甘辛い餡を作り、醤油ラーメンの上にそのままかけるメニュー(ホット)と、できあがった餡を冷水で締めた麺に直接かけるメニュー(冷やし)があります。
 スタミナラーメンは追加料金でいくらでも大盛りにできるのも特徴で、4玉(普通盛りの4倍)以上を完食すると、記念として壁に名前が掲載されるお店が多いです(中にはチャレンジメニュー扱いとなる店もあります)。
 元々は1970年ごろに、勝田駅前のラーメン屋「大進」のオーナーが餡かけラーメンを発案し、それを受けて当時の店長が作り上げたものが始まりとされています。
 当時レバーはホルモンの中でも捨てられることが多い部位だったことや、茨城は野菜が安価に手に入りやすいことなどが背景にあり、学生に安くて栄養のあるものを食べてもらいたいという理由で考案されたとのことです。
 店長は後に水戸市に移り「スタミナラーメン松五郎」を開店、その関係で同店はスタミナラーメンの総本家として有名です。現在茨城県内で提供されているものについては水戸の「松五郎」からの暖簾分けが多いですが、同店とは関係ないところで料理人が独自に考案・修行し提供されているものも少なくないです。
 2016年にはアレンジ版として、ひたちなか商工会議所がスタミナラーメンにカレー風味を加えた「幸福の黄色いスタミナ」を考案、新たなご当地ラーメンとしての売り込みを図っています。水戸のみならず、茨城を代表するソウルフードとして県内での認知度は高く、2017年11月にはカルビーが「ご当地ポテトチップス」として「スタミナラーメン味」を地域限定で発売しました。
 水戸の風俗街がある天王町からも近い場所にも何軒かのお店があるので、風俗帰りに立ち寄ってみたいオススメのグルメスポットです。

水戸のイベント

 水戸には、風俗以外にも様々な観光名所があり、いろんなイベントも開催されています。ここでは、その中でオススメのイベントを紹介します。風俗目的で水戸を訪れた際にも、歴史ある水戸の街の魅力に触れてみるのもオススメです。

・水戸黄門まつり
 昭和36年(1961年)に始まった水戸市の夏の一大イベントです。2019年にはまつりがリニューアルされ、新しいイベントが目白押しです。約7000発の「花火大会」をはじめ、10数台の神輿が競い合う「神輿連合渡御」、黄門ばやしなどの音楽に合わせて踊りを披露する「水戸黄門カーニバル」、「山車巡行」、「水戸黄門提灯行列」などさまざまな催しが行われます。

・水戸黄門まつり花火大会
 「水戸黄門まつり」の初日を飾る花火大会です。2019年からは内容がリニューアルされ、昨年の約5000発から大幅に増発され、尺玉、創造花火、内閣総理大臣賞受賞のスターマイン(音楽付き)など、約7000発により、千波湖面が美しく照らされます。目玉は幅約300mの超ワイド特大ミュージックスターマインで、華麗なフィナーレを迎えます。

・水戸の梅まつり
 「偕楽園」で毎年開催されているお祭りで、120年以上の歴史があります。偕楽園の梅は約100品種3,000本。いわゆる早咲き(1月中旬?2月中旬頃)、中咲き(2月上旬?3月中旬頃)、遅咲き(3月上旬?4月上旬頃)と分けられ、種類によって開花時期が異なります。訪れるたびに梅のさまざまな表情を発見できる楽しみも、水戸の梅まつりならではの魅力のひとつです。

 上記以外にも、いろんなイベントが開催されているので、観光がてら水戸の風俗で遊ぶのもオススメです。また、風俗遊び目的でだけで水戸を訪れる際は、上記イベント期間中は交通機関が混雑する恐れがあるので注意しましょう。

水戸風俗のまとめ

 茨城県の風俗街といえば、水戸と土浦の2大風俗エリアが有名です。風俗店の軒数でいえば、土浦の方が多いのですが、水戸も北関東エリア屈指の風俗街として人気のエリアになっています。特急に乗れば、都心の上野から1時間弱で行くことができるので、お客さんだけではなく、女の子もいろんな所から働きに来るコが多いのが水戸風俗の特徴です。
 「マンゾクネット」では、水戸の風俗店をいろんなコンテンツで紹介しています。水戸風俗をとことん満喫するためにも、遊びに行く前にはまずチェックしてみてください!!


TOP